GEAR

ラケットを持つ手元を安定させるグリップテープは、発汗量と色の好みで使い分けよう

テニスラケットを選ぶ、のと同じくらい私が好きなのは、「グリップテープ」を選ぶこと。

テニスラケットに合う色、で手元を彩るのは楽しいですよね。

多くのプロ選手は白を基本に使っていますが、錦織選手は少し青みがかった色ですし、黄色やオレンジ、を好んで使う選手もいます。

色は皆さんの好きな色、で良いと思いますが、素材やフィット感については「手の汗の量」を基準に選ぶことをお勧めします。

 

手汗は少ない人は、ウェットなタイプでフィット感をアップ

私はほとんど、このタイプのグリップテープを使っています。

手汗は比較的少な目の方なので、手に張り付いてくるようなウェット感が欲しい。

ヨネックスのグリップテープは、個人的には好きなフィット感です。

出典:amazon

 

手汗が多い人は、ドライタイプを試してみよう

夏場でどうしても汗が多い、ときにはグリップを替えてみるのも良いでしょう。

手元が滑るときには、グリップテープをチェンジするだけで、劇的にプレーが改善されるかも知れません。

ドライタイプのグリップはサラサラした握りご心地で、汗を吸収して発汗してくれる働きに優れている。

テニスウェアのドライ生地、のような感覚ですので、好みの1本を探してみても良いと思います!

出典:amazon

 

色は自分の「ラッキーカラー作り」に使ってみるのも良いかも

私は高校時代、「絶対に勝ちたい!」と言う試合では、青いグリップを巻くようにしていました。

普段は黒、ですが、青いグリップにここぞというときに巻き替える。

ちょっとしたメンタルコントロールですが、結構自己暗示的な部分で効果があったように思います。

やっぱり試合って、自分を鼓舞する材料が欲しいじゃないですか。

何の根拠も無いのに、「この青いグリップだから、今日は勝てるんだ!」と思えるような準備、自分にしか出来ない。

アナタのラッキーカラー、グリップテープに巻き付けてみませんか?

 

たかがグリップテープですが、しっかり自分の意図を持って使っている人はテニスも強い。

自分なりに、どんな素材、色にするのか・・・300円/本 くらいで変えるギアですので、積極的に試してみましょう。

テニスラケットは大事な相棒。

そのラケットと自分の接点となるグリップテープは、もっと身近な存在ですからね。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. テニスボールの「替え時」って、どうやって判断すれば良い?
  2. 高校時代に見て最高にカッコ良かった、「ガットが切れたラケットのガ…
  3. 会社帰りのテニスにも使えるHEAD PORTERのテニスバッグ
  4. 【動画有り】~2017/02/22発売予定~ TOALSONニ…
  5. 全米オープンで大注目!ファレル・ウイリアムスとアディダスが手を組…
  6. 仕事帰りにテニススクールに通うビジネスマンには、ヨネックスのラケ…
  7. オンコートでもオフコートでもコーディネートが楽しい、カラバリ豊富…
  8. 【動画有り】Babolatストリング – 2017年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP