ボレー

シングルスの試合で効果的な、ネットプレーの事例集4つ

シングルスの試合でプレーしている皆さんの中には、「最近勝てなくて・・・」と悩んでいる方も多いでしょう。

思い切って、ネットプレーを上手く入れてみませんか?

ストロークでのプレーが中心になりがちなシングルスの試合こそ、実はアクセントとして良い武器になると思います。

 

シングルスの試合で効果的な、ネットプレーの事例集4つ

 

1.序盤にサーブ&ボレー

すごいサーブが打てなくても、サーブ&ボレーを入れてみると試合で効果的です。

特に試合の序盤に入れておくと、相手の山なりで逃げるようなリターンを防ぐことが出来ますし、精神的に優位に立てる。

サーブ&ボレーは、まず実践するだけで相手のプレッシャーになる。

リターンミスを誘う意味でも、効果的です。

 

2.リターンダッシュ大作戦

意外と見落とされがちですが、相手のセカンドサーブにはチャンスが転がっている。

しっかり前に入って打てば、そのままネットプレーにもつなげやすいはず。

セカンドサーブは、相手も入れるだけで精一杯になっている可能性も高いですからね。

チャージしていけば、慌ててパニックになってミスしてくれるでしょう。

 

3.ドロップショットからのネットプレー

これは私も好きでよくやるんですが、ドロップショットを打って自分も前、に出るようなプレーを入れてみる。

相手は前にボールを追いかけながら、同時に相手の動きも視界に入って来るのでプレッシャーがかかる。

ボレーの反応に自信がある人は、シングルスの試合でもどんどんボレー対決をしかけていきましょう。

後ろで打ち合っても勝てそうにない・・・相手は、こうやって前におびき出して戦うことが一番です。

 

4.山なりなボールを打って、スルスル前に

これは、相手を出し抜く作戦。

山なりなボールを打って、するすると前に出てみる。

相手は後ろに相手がいると思って、同じように山なりのボールを返球してくる可能性も高い。

後ろにいると思わせておいて・・・実はサービスラインくらいにいて、ボレーで展開出来る。

相手からしたら、「やられたー!」という感じになるでしょう。

 

まず、やってみましょう!

ネットプレー、序盤で入れて決まると実に気持ち良いですし、相手は嫌な気持ちになる。

シングルスの試合、なかなか後ろで打ち合っているだけだと厳しい相手も多い。

アナタの試合のアクセント、になるはずです!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. スマッシュに苦手意識がある人は、「自分から打ちにいく」ことで雰囲…
  2. 失敗しても良いから、ダブルスで前衛が動いた方が良い4つの理由
  3. ボレーが安定しない人は、「スライス回転」をかけることで試合で使え…
  4. ボレーの基本となるラケット動作で、意識したい大事な5つのポイント…
  5. 相手からスマッシュを打たれたときに、とっさに反応して守備力を高め…
  6. ダブルスの試合で求められる、「低い打点でのボレー」で意識したい5…
  7. 初心者の方でもコツを掴めば出来る!「ドライブボレー」を上手く打つ…
  8. 自分の上に上がった、「厳しいロブをカットする」ときに必要な意識4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP