ボレー

テニスの試合で使えるドロップボレーを身に付ける4つのコツ

試合の中で、ドロップボレーを使う機会、実は結構多い。

「あ、ダブルスね・・・」と思った方、実はシングルスの試合でも結構使います。

プロ選手の試合を観ていても、ネットに出て決めるのはドロップボレー、というケースが多い。

今回は、ドロップボレーのちょっとしたコツをご紹介します!

 

テニスの試合で使えるドロップボレーを身に付ける4つのコツ

 

1.先に握り込んで当てる

ボレーするときは、普通はボールが当たる瞬間にグリップをギュッと握りますよね。

この握り込みで、ボールに伸びや深さが出る。

でも、ドロップボレーでは逆に浅く短く打ちたいので、ボールが当たる前からギュッとグリップを握ってしまいましょう。

そうすることで、ボールの勢いを殺して、自然にポトッと落ちるドロップボレーが完成するはずです。

 

2.ボールの横を触る

ラケットで、ボールの真後ろではなく横を触る。

サイドスライスという言葉もありますが、ラケットでボールの横半分を触ると自然にボールの勢いもなくなってアングルボレーにもなる。

アングルボレーとドロップボレー、実はすごく似ています。

アングルに落とせると多少長い距離でもコートに入りますので、より打ちやすいですよね。

しっかりラケットヘッドを立てて、早く準備出来ると良いでしょう。

 

3.ネットに近付く

ネットの近くでドロップボレー、が基本です。

もちろん多少離れた位置からも打てますが、ネットを超えるためにはあまり短く打てないからプレッシャーになる。

しっかりネットに近付いておけば、それだけでかなり楽に打てるはずです。

当たり損ない、でもコートに入ってくれますしね。

まずは勇気を出して、しっかりネットに近付くイメージを持ちましょう。

 

4.軌道は山なりでOK

ドロップボレー、やっぱりバウンドが高く弾むのが怖い・・・と考え過ぎると、今度はネットを超えない。

しっかり山なり、で充分です。

ネットを超えて、相手に触らせる、その後のボールで展開していけばドロップボレーはそれだけで意味がある。

ラケット面を少し上向きに作って、山なりな軌道をイメージしてみて下さい。

 

まず、ドロップボレーは打つだけで価値がある。

相手からすると、深いボレーだけ警戒しているのは楽ですからね。

「前もあるんだ・・・」と思わせれば、もう主導権はアナタのものです!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. ダブルスの試合で「決定力のあるボレーが打ちたい」と思うなら、試し…
  2. シングルスの試合で効果的な、ネットプレーの事例集4つ
  3. 「ワンバウンドなのにボレー?」で打つハーフボレーを覚えよう
  4. ダブルスの試合で求められる、「低い打点でのボレー」で意識したい5…
  5. ボレーが安定しない人は、「スライス回転」をかけることで試合で使え…
  6. テニスの試合で、「チャンスボールのボレー」を決められない全ての方…
  7. スマッシュに苦手意識がある人は、「自分から打ちにいく」ことで雰囲…
  8. 失敗しても良いから、ダブルスで前衛が動いた方が良い4つの理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP