ボレー

失敗しても良いから、ダブルスで前衛が動いた方が良い4つの理由

主にダブルスでプレーされている皆さんは、どの程度前衛で「動けて」いるでしょうか。

つい、クロスラリーを横目で見ながら、後衛に任せるポイントが多くなってはいませんか・・・?

今回は改めて、ミスしても前衛が動いた方が良い理由をまとめてみました。

 

失敗しても良いから、ダブルスで前衛が動いた方が良い4つの理由

 

1.リターンを踏み込ませない

まずは味方のサーブのとき、アナタが前衛にいるとイメージしてみて下さい。

相手がしっかり前に踏み込んでリターンしてくると・・・サーブ側が押されてしまう、リターンダッシュで並行陣も取られてしまう。

特にセカンドサーブでは、相手リターンの方が優位になるのは容易に想像できますよね。

前衛が動いて、無理やりにでも触っておけばリターンもなかなか前に踏み込めない。

リターン力を削いでいく、為にも前衛の動きは欠かせません。

 

2.2対1のシチュエーションにする

前衛が動かないと、後衛同士の戦い、いわば1対1のラリーが中心になりますよね。

雁行陣だと、クロスラリーが続いてしまう。

もちろんそこで押していければ良いのですが、若い学生選手と対戦するようなときは、ストローク同士の戦いだと厳しくなる。

そのときに前衛が動けば、気になって2対1のシチュエーションを作ることが出来るのです。

前衛は、待っていてもなかなかボールは飛んで来ませんよ。

 

3.相手前衛にもプレッシャーになる

前衛は、前衛のプレッシャーになる。

これがテニスのダブルスです。

動いてこない前衛は、ネットを挟んだ相手前衛からしても楽な存在。

「ポーチに出るぞ!」という雰囲気があれば、その守備もしないといけない・・・という気持ちになりますからね。

細かく動く、フェイントを入れるだけでも、実は相手の前衛の攻撃力を削ぐことが出来るんです。

 

4.ミスでも得点になるのが前衛

何より、これが前衛の特典、おいしいところですよね。

当たり損ないのボレー、スマッシュでも、ネットに近い位置で動いて触れば、ポトッと落ちて得点になる。

後ろでボールを触るより、絶対テニスでは優位なんです。

「ボレーが苦手で・・・」という人は、引け目があるからかネットから遠い位置でプレーしていることが多い。

前衛なんですから、ロブを上げられるくらい前でプレーしてみましょう!

 

動いた結果、ストレートを抜かれてしまうのは全然OK!

しっかり相手が意識してくれている、結果ですからね。

でも、よく考えてみて下さい。

ストレートを抜かれる人って・・・動く人よりも、「存在感が無い前衛」じゃないですか?

そうならないように、意識してみて下さいね。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. ダブルスの試合で「決定力のあるボレーが打ちたい」と思うなら、試し…
  2. クレーコートでのネットプレーに必要な意識4つ
  3. 相手からスマッシュを打たれたときに、とっさに反応して守備力を高め…
  4. テニスの試合で使えるドロップボレーを身に付ける4つのコツ
  5. テニスの試合で、「チャンスボールのボレー」を決められない全ての方…
  6. ボレー練習の基本、「ボレーボレー」をもっと効果的に実践するアイデ…
  7. スマッシュが苦手な人が意識したい4つの基本
  8. テニスの花形ショットの一つ、「スマッシュ」の基本を押さえて練習し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP