ボレー

テニスの試合で、「上手くボレーを入れてポイントを獲る」為に大事な4つの意識

テニスの試合で、「上手くボレーを入れてポイントを獲る」為に大事な4つの意識

 

1.ボレーは相手から時間を奪う!

ボレーの良いところ、それは相手に「時間的な余裕を与えない」こと。

テニスは自分が打った後、相手が打って、またそのボールを自分が打つ・・・ことの繰り返し。

実際の試合では、自分が打った後に相手が「すぐに」打ち返して来られると、嫌ですよね。

テニスではノーバウンドで打っても良い「ボレー」というルールが有効、なので、こういった攻撃が実現可能になる。

こう考えると、相手が打ったボールをどんどんボレーで返球したくなりませんか?

 

2.ネット近くで打てるから楽!

ボレーは難しい・・・と思っている方は、もっとネットに近付いてみましょう。

ネットから遠いと、ノーバウンドで処理したボールを相手コートに入れるのを、難しいと感じてしまう。

ネット近くに立てば、当たり損ないでもコートに入りやすいし、打てるコースも広がって見えるはず。

上手くボレーを試合で使っていく為には、思い切ってネット近くでのプレーを増やすと良いでしょう。

 

3.パワーよりもコースで勝負出来る

ストロークよりも、私はボレーこそコントロール重視で勝負出来る技術だと思います。

相手の近くで打てる、更にはノーバウンドで打てるのでしっかりラケット面を作れば相手の力も利用出来る。

そう考えると、力を抜いて、ボールをしっかりラケットの真ん中に当てることに集中出来て、結果的にアナタのポイントになることが多い。

どんどん相手の力、を利用していきましょう。

 

4.エースが狙いやすい

やぱりテニスの醍醐味は、エースを取ること。

ストロークでも不可能では無いですが、後ろにいる相手を後ろから打ち抜くにはかなりのパワーとスキルが必要ですよね。

そう考えると、ボレーってもっと可能性が拡がる。

ネット近くで相手のいない場所を狙って、触らせないでエースになる。

そんな成功体験を積み重ねていけば、自信も付いてアナタの実力も確実にアップしていくでしょう!

 

ボレーは最初は難しいと感じる方も多いでしょう。

ですが、「ボレーを活かすには?なんで必要なの?」を考えると、その困難にも立ち向かえるはずです。

なかなかメリットも見いだせないのに、頑張ろうという気にはならないですよね。

テニスの試合でのボレー、きっとアナタを助けてくれる素敵な武器になってくれるはずです。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. 「ワンバウンドなのにボレー?」で打つハーフボレーを覚えよう
  2. ボレーの基本練習、「ボレーボレー」の基本をおさらいしておきましょ…
  3. スマッシュが苦手な人が意識したい4つの基本
  4. 自分の上に上がった、「厳しいロブをカットする」ときに必要な意識4…
  5. テニス ボレー スマッシュをしっかり決め切ることが出来る人が、試合で意識している…
  6. テニス初心者の人でも楽にボレーをコントロール出来るようになる4つ…
  7. ボレーが安定しない人は、「スライス回転」をかけることで試合で使え…
  8. 失敗しても良いから、ダブルスで前衛が動いた方が良い4つの理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP