ボレー

ボレーが安定しない人は、「スライス回転」をかけることで試合で使える安定感が身に付きます

テニスはワンバウンドでも、ノーバウンドでも打って良いスポーツ。

これって、独特ですよね。

自分の好きに出来る・・・けど、やっぱり「ノーバウンドで打つボレーって難しい!」という方、多いと思います。

今回は、いかにボレーを安定させて試合で使えるように出来るか・・・をテーマに、少し考えてみたいと思います。

 

ボレーが安定しない人は、「スライス回転」をかけることで試合で使える安定感が身に付きます

 

フラットに当てるボレーは、なかなか安定しない

ボレーを最初に習うときには、フラット気味に当てる感じで教わる方、が多いと思います。

確かにネット近くではこの打ち方で問題無いと思うのですが、実際の試合やラリーではネットから遠い位置でのボレーも打つ機会が多い。

そうなると、ボールを飛ばさないといけないけどアウトも怖い・・・という、非常に難しい感じになって、結局ミスしてしまう。

ボールとラケットをフラットに当てる、無回転に近いショットってなかなか安定しませんよね。

そこで変えていきたいのが、ボレーでボールにスライス回転を加えていく、ということです。

 

スライス回転だと、アウトしない・・・?

スライス回転は、ボールの縦回転、それも自分の方向に向かって回転する形なので、滞空時間が長く伸びてく軌道になります。

そうなると、「ボレーがアウトしそうな気がする・・・」方も多いと思います。

ですが、実際にボールの下を触って、軽くスライス回転をかけてみると、どうでしょう?

ボールが飛んで、ベースラインくらいで失速してコートの内側に収まってくれる、ような軌道になることありませんか?

このスライス回転こそ、ボレーの安定感には欠かせない要素になります。

しかも、安定させるだけじゃなくて、スライス回転にはメリットがいっぱいあります!

 

ボレーにスライス回転をかけると得られるメリットはこんなに!

ボレーにスライス回転をかけることが出来るようになると、こんなメリットが得られます。

 

・バウンド後に弾まない=相手のストロークの打点を低く出来て、攻撃力を下げられる

・軌道が山なりになる=ネットから離れたローボレー、ファーストボレーでネットミスが激減する

・ボールスピードがゆっくりになる=構え直す時間が出来て、相手に圧迫感があるボレーが打てるようになる

・サイドスライスに応用出来る=ローボレーでラケットヘッドを下げて、横回転のスライスも打てるようになる

 

良いことずくめ、ですね!

もちろん、かなり練習はしないといけませんが、まずはボールの下を触って軌道を山なりにしてみましょう。

上級の方であれば、さらに踏み込んで深く、弾まないボレーを打てるように下半身でコートをキックして重たいボレーに仕上げていく。

ダブルスでも大活躍のスライスボレー、今日から磨いてみませんか?

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. テニス初中級者の壁メニュー、「ボレー対ストローク」について考えて…
  2. ボレーの基本となるラケット動作で、意識したい大事な5つのポイント…
  3. テニス ボレー ボレーがどうしても苦手・・・な人は、構える時のラケットの位置から…
  4. スマッシュが苦手な人が意識したい4つの基本
  5. ダブルスの試合で求められる、「低い打点でのボレー」で意識したい5…
  6. ダブルスの試合で「決定力のあるボレーが打ちたい」と思うなら、試し…
  7. 失敗しても良いから、ダブルスで前衛が動いた方が良い4つの理由
  8. テニスの試合で使えるドロップボレーを身に付ける4つのコツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP