ボレー

テニス初中級者の壁メニュー、「ボレー対ストローク」について考えてみる

テニスを始めて、ストロークのラリーやボレーボレーが出来るようになって・・・。

さぁ次の練習メニュー!というときに、壁になりがちなのが「ボレー対ストローク」のラリー練習。

ストローク対ストローク、ボレー対ボレー、のように上手くいかいないこの練習。

なぜ、難しい・・・と感じるのでしょうか?

 

テニス初中級者の壁メニュー、「ボレー対ストローク」について考えてみる

 

ボレー対ストロークのラリー。

難しいのはまず、テンポが速くストローク側での準備、構え直しにかなりの速度と精度が求められる点。

ストローク同士の打ち合いのように大きなフォームで打ち終わっていては、すぐにボレー側の打ったボールが自分の近くまで来てしまう。

いかにフォロースルーを短くすることが大事か・・・は、この動画を観ても一目瞭然ですよね。

 

ボレーヤーはネットから離れた位置に立つのが基本

ネットから少し離れて、サービスラインより一歩前、くらいの位置でのボレー対ストローク、を基本とする意識が大事。

まず、ネットにベタ詰めの状況だと・・・・もちろんロブがケア出来ない、ですからね。

さらにネットに詰めた状態なら、ラリーでつなぐのって実戦向きじゃない。

この「ネットから離れた位置」に立ってボレーでつなぐ、というのがボレー対ストロークの練習の難しさでもあるのです。

ハーフボレーのように足元のボレー、をさばく技術も求められますからね。

でもしっかり練習することで、並行陣の基本となるつなぎのボレー、も身に付くはずです。

 

コツは、ストロークよりも「ボレー側の速度をゆっくり」に

ボレー対ストロークの練習、良いリズムで出来ているときには、ボレーの方が「遅い」球速で調整している。

「あれ?逆じゃない?」と思った方は、恐らくあまりラリーが続いていないはず。

ボレー側がスライス回転をかけながら、ストロークよりも少し遅めのボールを打って、戻って構え直し。

そしてストローク側が突き球、沈める球で少しだけ速いボールを打っている。

この緩急が、実際の試合に近い。

ボレーをバーン!と速く打っているだけだと、きっとラリーは続かないでしょう。

ボレー対ストロークの練習の精度を高めたければ、気持ちゆっくり、ボレーを打つ癖を付けてみましょう。

 

意外と、見た目以上に難しいボレー対ストロークの練習。

ですがこの練習がしっかり出来ないと、ダブルスはもちろんシングルスでもネットプレーを混ぜることが出来ないし、対抗も出来ない。

ネットに近付き過ぎないボレー側のポジション、そして速度を少し落とすボレー、を意識してみて下さい。

ストローク側に必要な意識は、また別の機会に書いていきたいと思います。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. テニス初心者の人でも楽にボレーをコントロール出来るようになる4つ…
  2. ボレーが安定しない人は、「スライス回転」をかけることで試合で使え…
  3. ダブルスの試合に出る機会があれば、「フライングポーチ」に磨きをか…
  4. テニス ボレー スマッシュをしっかり決め切ることが出来る人が、試合で意識している…
  5. テニスの試合で、「上手くボレーを入れてポイントを獲る」為に大事な…
  6. スマッシュに苦手意識がある人は、「自分から打ちにいく」ことで雰囲…
  7. テニスの花形ショットの一つ、「スマッシュ」の基本を押さえて練習し…
  8. テニスの試合で使えるドロップボレーを身に付ける4つのコツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP