ボレー

スマッシュに苦手意識がある人は、「自分から打ちにいく」ことで雰囲気を変えられる

「スマッシュが得意!」と自信を持って言える方、実際は少ないんじゃないでしょうか。

でもダブルスの試合、結構打つ機会多いですよね。

せっかく相手を追い込んでも、スマッシュの決定力が無いと・・・ポイントを締めることが出来ない。

その為に、まずは「雰囲気」から変えていきませんか?

 

スマッシュに苦手意識がある人は、「自分から打ちにいく」ことで雰囲気を変えられる

 

スマッシュをミスする雰囲気が漂う人の特徴

スマッシュが苦手、ミスをする人の特徴はすぐに分かります。

まずはフットワーク。

ロブが上がっても、下がろうとしないでその場で触れないボールは全部後衛任せ。

そして準備が遅い。

ラケットをすぐに顔の横、で打てる態勢に出来ればチャンスも広がるのに・・・なかなかラケットが上に上がらない人も、スマッシュミスの雰囲気が漂いがちです。

それから、ボールを「待ち過ぎている」人も多いですよね。

落ちて来る加速に対して、ラケットの動き出しが遅い人も多いような気がします。

 

スマッシュは、自分から打ちにいかないと!

ロブって、どこか「落ちて来てくれる」ような雰囲気で待ってしまいがち。

でも、ボールがどんどん加速してきているのにラケットの振り出しタイミングが遅いと、かなり差し込まれてしまいます。

差し込まれて、スマッシュがアウト・・・みたいな人、試合でも多いですよね。

もっと自分から、動いて上に軽くでもジャンプしてスマッシュを打ちにいく意識、大事です。

自分から打ちにいくからこそ、深く気持ちの入ったスマッシュが打てる。

何となく「待って」打っているスマッシュは、力も無いしミスしがち・・・だと思いませんか?

 

多少ミスしても自分でスマッシュを打つ前衛は、嫌なもの

アナタが対戦相手だとして、どんな前衛が嫌ですか?

私は、多少ミスしてでも、自分で動いてスマッシュを打ってくる、後衛任せにしない相手が嫌です。

スマッシュで終わっているポイントは、やっぱり相手のペースのような気がするし次からロブを上げにくくなる。

もちろん、無理し過ぎはダメですけどね・・・何でもかんでも後衛任せになって「お願い!」ばかりの前衛、よりはまだマシだと思います。

自分から打ちにいく意識があれば、自然に足が動く。

そして、足が動けばほとんどのロブは触れるモノ、です。

 

スマッシュは技術的な部分より、前提となる意識から入っても良い。

決めないといけない、と気負う必要は無いでしょう。

しっかりアナタなりに、打ち切ること、自分から打ちにいくこと、が大事。

きっと練習の姿勢から、変わっていくと思いますよ!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. テニスの花形ショットの一つ、「スマッシュ」の基本を押さえて練習し…
  2. 失敗しても良いから、ダブルスで前衛が動いた方が良い4つの理由
  3. ボレーが安定しない人は、「スライス回転」をかけることで試合で使え…
  4. ダブルスの試合で「決定力のあるボレーが打ちたい」と思うなら、試し…
  5. シングルスの試合で効果的な、ネットプレーの事例集4つ
  6. テニスの試合で、「上手くボレーを入れてポイントを獲る」為に大事な…
  7. スマッシュが苦手な人が意識したい4つの基本
  8. 自分の上に上がった、「厳しいロブをカットする」ときに必要な意識4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP