LIFE WITH

いつの間にか「合わせるだけのボレー」になってしまっている人が、改善したいポイント4つ

ダブルスでサーブ&ボレーから並行陣、を実践してるけど・・・どうも自分のボレーが「軽い」ような気がする。

そう気付いた人は、きっと自分の殻を破るチャンス!

合わせるだけのボレーでも勝てる試合はありますが、やっぱり身に付けたいのは「重たい」ボレー、ですよね。

 

いつの間にか「合わせるだけのボレー」になってしまっている人が、改善したいポイント4つ

 

1.早めにスプリットステップで踏み込んでいく

サーブ&ボレー、実はもっと速いタイミングで止まっても良いのかも知れません。

しっかりステップ出来れば、前に踏み込んでいくことが出来る。

ギリギリまで止まれていないと、上半身から反応するだけのボレーになってしまいますよね。

しっかり下半身でコートをキックして、ボールに力を伝えていきましょう。

 

2.厚い当たりのスライス回転をかける

ボレーでスライス回転をかける、ことで安定感と「重さ」の両方を得ることが出来ます。

ですが、ボールの下を擦るような感じのスライスでは、叩かれてしまうだけ。

しっかり厚い当たり、ボールの後ろをラケットで捕らえるようなスライス、を練習していきましょう。

ボールの下を擦るのではなく、後ろをラケットで捕らえて下に抜けていくような感覚、ぜひ試してみて下さい。

最初はアウトしてもOK、ですので。

 

3.打点に顔を残す

顔を残したボレーを意識すると、良いスライス回転もかかるし安定感を増す。

打った後に、1.0秒目線を打点に残す、くらいの意識でちょうど良いでしょう。

自然に肩が入った、コースも読めないボレーが打てるようになるはずです。

相手にコースを読ませない、というのも「重さ」につながる立派な要素です。

 

4.打点に対して、ラケットを上から入る

改めて、この基本から「ボレーの重さ」を意識しましょう。

ラケットをしっかり上から、打点に対して入っていく。

意外と、準備の段階でラケットが低い人、ネットプレーでも多いです。

これだと弾かれてしまいますし、重たいボレーなんて夢のまた夢。

思っている以上に、ラケットは高い位置に準備しておくことを意識してみて下さい。

 

ボレーの重さって、ストローク側を観ていれば分かるはず。

下がって苦しそうにしていたり、のけぞってアゴが上がっているような感じ、で追い込めているかどうか。

自分が打ったボールへの相手の反応、普段の練習からチェックしてみて下さいね!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. テニスの試合前に集中したいなら、1万円台の完全ワイヤレスイヤホン…
  2. シングルスの試合で効果的な、ネットプレーの事例集4つ
  3. 自分の上に上がった、「厳しいロブをカットする」ときに必要な意識4…
  4. テニス ボレー スマッシュをしっかり決め切ることが出来る人が、試合で意識している…
  5. 暑い夏に使いたい、デザイン性に優れたルコックスポルティフゴルフの…
  6. テニス全豪オープンが今年も開幕!テニス好きならチェックしたい4つ…
  7. 失敗しても良いから、ダブルスで前衛が動いた方が良い4つの理由
  8. 「ecbo cloak」を使えば、コインロッカー無しでテニスバッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP