ボレー

ダブルスの試合で「決定力のあるボレーが打ちたい」と思うなら、試してみたい5つのこと

ダブルスの試合で「決定力のあるボレーが打ちたい」と思うなら、試してみたい5つのこと

 

ダブルスの試合、皆さんは「決定力」についての意識、どうですか?

何となく、つないでばかりで決められない・・・という方も、多いと思います。

ダブルスの醍醐味は、前衛の攻撃力。

ちょっと意識するだけで、プレーが見違えると思いますよ。

 

1.ネットに近付く

ロブが怖くても、しっかりネット近くにポジションを取ること。

ネットから遠いと、ボールを持ち上げるボレーが増えますのでなかなか攻撃的になれない。

ネットが触れるくらいのポジション、をしっかり相手に見せておくことが大事。

その後にロブを待つ、くらいの姿勢でダブルスは良いでしょう。

最初から、ロブが来ていないのに下がっているなんて・・・自分で攻撃力を削いでいるだけになってしまいます。

 

2.アングルボレーを使う

1.でしっかりネットに近付いたなら、角度を付けたボレーを打ちましょう。

狙いはシングルスラインの、浅い場所。

深いボレーは相手を追い込むのには適していますが、決定力には欠ける。

アングルボレーは難しいように思われがちですが、しっかりネット近くで打てれば「当たり損ない」でもエースになるのでお勧めです。

まずはしっかり、「打ってみる」姿勢が大事です。

 

3.相手が打つ前に、「狙い所」を決めておく

ボレーは瞬間、瞬間の判断が大事。

相手が打つ前に、自分が「どこを狙うのか?」をイメージしておきましょう。

相手コートの中で、どこが空いているのか。

必ず前か後ろか、空いているスペースはあるはずです。

そこを狙う意識は、相手が打ってからでは遅い・・・ですよね。

打つ前に、しっかり決めて待っておけば、決定力のあるボレーが打てるはずです。

 

4.ドロップボレーは必須の技術です

特に女子ダブルスをプレーされる方、必ず前のスペースを使えるようにしておくこと。

なぜなら、相手の走力が無いときにそれが大きな武器になる。

また浅いスペースへの反応には、ダブルスとしての成熟度が問われるので、相手ペアの「強さ」を測る意味でも浅いボールが打てると便利です。

ストロークが得意な相手に、ずっとストロークばかりさせている必要はありません。

ダブルスでも、積極的に前に引っ張り出しましょう。

 

5.相手の足元狙いから卒業する

決定力があるボレーが打てる人は、相手の足元は狙わない。

だって、ラケットが届く範囲は、切り返えされて反撃されますからね。

なるべく相手がいない場所、を狙うことに慣れておかないと試合で勝つのは難しい。

その為には、3.のような意識、大事だと思います。

相手はコートに2人しかいない、ので空いているスペースは必ずあります!

 

決定力は、自分で意識しないと上がらない。

逆に、意識出来れば今のアナタの技術でも充分にアップ出来るはずです。

決定力のある前衛、ネットプレー、磨いていきましょう!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. テニスの試合で使えるドロップボレーを身に付ける4つのコツ
  2. いつの間にか「合わせるだけのボレー」になってしまっている人が、改…
  3. 失敗しても良いから、ダブルスで前衛が動いた方が良い4つの理由
  4. ボレーが安定しない人は、「スライス回転」をかけることで試合で使え…
  5. ダブルスの試合に出る機会があれば、「フライングポーチ」に磨きをか…
  6. 自分の上に上がった、「厳しいロブをカットする」ときに必要な意識4…
  7. ボレー ハイボレーをいつもアウトしてしまう・・・人は、チェックして欲しい…
  8. テニスの試合で、「チャンスボールのボレー」を決められない全ての方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP