ボレー

テニス初心者の人でも楽にボレーをコントロール出来るようになる4つのコツ

 

テニス初心者の人でも楽にボレーをコントロール出来るようになる4つのコツ

 

1.ラケットのグリップを強く握らない

握力が強い男性ほど、強く握ってしまうラケットのグリップ。

ボレーでは特に、ボールが当たる瞬間に強く握れば握るほど、ボールは勢いよく飛んでしまいます。

つい力が入ってしまう・・・という人は、まずグリップを優しく握るようにしてみましょう。

きっとコントロールも良くなり、ボールの速度も抑えられるはずです。

 

2.ラケットセットは身体の前に

ボレーはラケットを「引かない」と教えられることが多いですが、「じゃあどうやって準備するの?」という疑問が湧きますよね。

ラケットは、身体の前にセット、ボレーを打つ面を先に作ってしまいましょう。

引くのではなくセットする、それもボールが当たるラケット面を先に作ってしまえば楽にコントロール出来ます。

なぜなら、そのラケット面で作った確度でしか、ボールは飛んでいかないからです。

 

3.飛ばしたい方向に目線を向けない

初心者の方はつい、ボールを打ちたい方向を先に観てしまう。

これだと、まずラケットの真ん中にボールが当たらないのでコントロールも何も無い・・・ような感じになってしまいます。

まずしっかり、ラケットの真ん中に当てていくことが大事。

コントロールを良くする為には、どんな角度でボールを当てれば自分が望む方向に飛ぶか・・・を意識しましょう。

 

4.試合に出る

試合に出ていれば、自分のボレーのコントロール一つで試合結果が変わってくる。

厳しいコースを狙えばアウトになる、甘ければ反撃される。

厳しい世界なのです。

ボレーのコントロールを良くしたいと思えば、初心者の方ほど試合に出る事をお勧めします!

 

ボレーは難しい!

と初心者の方は最初に思うはずです。

ストロークと比べると余裕が無いですし、反応の速さも求められる。

だからこそしっかりコントロール出来ると、カッコイイですよ。

頑張って準備して、練習していきましょう!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. ダブルスの試合で「決定力のあるボレーが打ちたい」と思うなら、試し…
  2. ボレーの基本となるラケット動作で、意識したい大事な5つのポイント…
  3. いつの間にか「合わせるだけのボレー」になってしまっている人が、改…
  4. 自分の上に上がった、「厳しいロブをカットする」ときに必要な意識4…
  5. 相手からスマッシュを打たれたときに、とっさに反応して守備力を高め…
  6. ボレー練習の基本、「ボレーボレー」をもっと効果的に実践するアイデ…
  7. スマッシュに苦手意識がある人は、「自分から打ちにいく」ことで雰囲…
  8. テニス ボレー ボレーがどうしても苦手・・・な人は、構える時のラケットの位置から…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP