ボレー

自分の上に上がった、「厳しいロブをカットする」ときに必要な意識4つ

自分の上に上がった、「厳しいロブをカットする」ときに必要な意識4つ

 

特にダブルスの試合で、多いですよね。

スマッシュは打てないけど、自分で頭上のロブを触れる・・・ときにはボレーでしっかりカットして、相手にまずは返球する。

その為に、大切な意識って何でしょうか?

 

1.後衛任せにしない

アナタが前衛なら、頭上は狙われて当たり前。

ロブを後衛にいつも任せているようでは、前衛として失格、です。

厳しいロブでも、まずは自分で処理するという意識が大前提。

本当に厳しいロブ、またはネットに詰めて攻撃しようとしているときに上げられたロブを任せるのは仕方ないですが、基本は自分で処理すること。

技術の問題の前に、この意識が大事です。

 

2.返球は山なりでOK!

厳しいロブは、きっと触るのがやっと。

であればハイボレーでも山なりの軌道で、しっかり相手コートの深い位置に返球するように心がけましょう。

そうすると、アナタ自身がポジションを戻して構え直す時間も出来る。

ただ返球するだけ、だと次に決められる可能性が高いですからね。

しっかり相手の深い位置に返して、自分も戻れる時間を作りましょう。

 

3.バック側を狙われると思っておこう

特に女子ダブルス、ミックスダブルスでは、これが攻撃の常套手段です。

両手バックボレーでは、ハイボレーの処理が力が入りにくいし難しい。

だからみんな、女性のバックハンド側にロブを上げてくる。

まずは狙われることを覚悟しておいて、相手の打つ瞬間、ラケット面が上を向いて「ロブだ!」と気付いたら特にバックボレーをケアすること。

待ち構えていれば、意外と返球出来るものですよ。

 

4.反撃する意識を持つ

初中級くらいまでの皆さんであれば、まずは返球第一。

ですが上級クラスになると、下がりながらのカットボレーでも「反撃する」意識は持っておくようにしましょう。

下がりながら、相手コートをチラッと見るくらいの時間はありますよね。

そこでポジションを確認して、相手が詰めて来るようならその逆を突く、アングルボレーで反撃する。

返球するので必死・・・になっていては、いつまで経っても同じ攻撃をくらい続けることになるのです。

普段の練習から、ちょっと意識してみましょう。

 

ボレー対ストロークの練習で、ロブを入れる回数、ありますか?

テニススクールでは後ろをネットで仕切ったりするので、そもそもロブを打つのに躊躇してしまいますよね。

でも、そこは実戦を想定してぜひ、ロブカットのボレーも練習しておいて下さい。

アナタ自身、ロブを打つ練習にもなりますしね。

ロブ処理上手は間違いなく試合上手、です。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. テニス ボレー スマッシュをしっかり決め切ることが出来る人が、試合で意識している…
  2. テニスの花形ショットの一つ、「スマッシュ」の基本を押さえて練習し…
  3. スマッシュが苦手な人が意識したい4つの基本
  4. 初心者の方でもコツを掴めば出来る!「ドライブボレー」を上手く打つ…
  5. 「ワンバウンドなのにボレー?」で打つハーフボレーを覚えよう
  6. テニスの試合で、「上手くボレーを入れてポイントを獲る」為に大事な…
  7. テニス初中級者の壁メニュー、「ボレー対ストローク」について考えて…
  8. 相手からスマッシュを打たれたときに、とっさに反応して守備力を高め…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP