ボレー

相手からスマッシュを打たれたときに、とっさに反応して守備力を高める4つのコツ

相手からスマッシュを打たれたときに、とっさに反応して守備力を高める4つのコツ

 

1.スタンスを広く、スプリットステップ

自分の身体近くに打たれたときには、確実にラケットに当てて返球したい。

その為に必要なのは、肩幅以上に広いスタンス、です。

スタンスを広くしていれば目線も低くなるし、守備的な意識も自然に高くなる。

相手がスマッシュを打つ少し前、くらいのタイミングで着地出来ると相手のスマッシュにも合わせやすいのでお勧めです。

 

2.相手の打点を良く見る

スマッシュにも、色々あります。

苦しそうに打点が後ろになっているのか、打点が低くてスライスサーブのようなスマッシュになっているのか・・・を、まずは冷静に見極めたい。

スマッシュだからと言って、全部が全部厳しく攻撃される訳ではありません。

冷静に相手の打点を観て、どんなスマッシュが来そうかイメージしてみる。

この経験を繰り返していくと、自然と「予測」出来るテニス選手らしさが身に付いてくるのです。

 

3.スライスのグリップで待ちかまえる

スマッシュはまず、しっかりロブでつなぎたい。

もちろん甘くなればスピン系で打って反撃、も有りですが、まずはロブで返球出来る準備で待ちたいですよね。

その意識は、まずグリップから。

薄いボレーのグリップ、でスライスが打てるように準備しましょう。

合わせるだけ、多少打点が後ろでも返球出来るように待ちかまえれば、そう簡単にスマッシュで決めらることも少ないはずです。

 

4.一番打たれやすいコースに、先回り

コレはあくまで、私の提案です。

スマッシュは、逆クロス方向が打ちやすいし、安全に打てることが多い。

ですので試合では、思い切って相手が打ちやすい「逆クロス」に山を張ってみて待つのも有り、です。

そこでクロス方向に打たれて入ったら、仕方ない。

狙いとしては、先に動いて相手の視界に入って、「ヤバイ!」と思わせること。

スマッシュを打つ前に、もう相手が先回りしているなんて嫌、じゃないですか。

もしかするとラッキーなミス、がもらえるかも知れませんね。

 

スマッシュ・・・は、簡単そうで難しい。

テニスの試合で、実力が比例してよく現れるショットの一つでしょう。

だからこそ、そんなに厳しいコースに打ち込める選手は、少ない。

絶対返球出来る!するんだ!という気持ちで、守備する意識を持ちましょう。

意外と、返球できちゃうもんですよ。

 

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. テニスの花形ショットの一つ、「スマッシュ」の基本を押さえて練習し…
  2. ダブルスの試合で求められる、「低い打点でのボレー」で意識したい5…
  3. テニス ボレー ボレーがどうしても苦手・・・な人は、構える時のラケットの位置から…
  4. ボレー練習の基本、「ボレーボレー」をもっと効果的に実践するアイデ…
  5. シングルスの試合で効果的な、ネットプレーの事例集4つ
  6. ボレー ハイボレーをいつもアウトしてしまう・・・人は、チェックして欲しい…
  7. テニス初心者の人でも楽にボレーをコントロール出来るようになる4つ…
  8. いつの間にか「合わせるだけのボレー」になってしまっている人が、改…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP