ボレー

ダブルスの試合で求められる、「低い打点でのボレー」で意識したい5つのポイント

ダブルスの試合で求められる、「低い打点でのボレー」で意識したい5つのポイント

 

1.目線を落とす

まず、自分の目線を低く落とす、ことを意識しましょう。

スタンス=開いた足の幅を肩幅よりも広くしてみて、ネットの高さくらいまで目線を落としてみるとボールの下側をしっかり触れるようになる。

そしてボレーの軌道をしっかり山なりに出来るので、低い位置のボレーでも返球しやすくなります。

腰を折る、のではなくて背筋を伸ばして膝を軽く曲げることで安定感もアップするはずです。

 

2.ボールの下側を触る

ボレーは上からパチーン!というイメージかも知れませんが、それは高い打点で打てるとき。

実際の試合では、ネットの高さより低い位置で打つことも多いのがボレー、ですね。

1.でも書きましたが、ボールの下側をラケット触る意識があればボレーは自然に少し山なりになる。

そうすれば、低い位置での打点のボレーも苦手意識が無くなるはずです。

 

3.返球軌道のイメージを作る

ネットより低い位置でのボレーは、ネットが怖いし深く打とうと思うとアウトしそうで・・・と、マイナスイメージが先行してしまう。

ですので、ボレー軌道を自分でイメージ出来るように、普段の練習から「合格点」の軌道を作っておきましょう。

きっと、低い位置でのボレーのボール、は速度も遅いはず。

まずは返球して次、という意識で、「この軌道で返球しておけば、OK!」という軌道イメージを作ってしまいましょう。

 

4.ハーフボレーという選択肢を持っておく

スピンが効いた沈んでくるボールは、アナタが思っている以上に手前で変化することも多い。

ハーフボレー、つまりはワンバウンドさせて「パパーン」と打つようなイメージも、頭に入れておきましょう。

あくまでボレー、のつもりで足を出していって最後はハーフボレーになる、くらいの感覚を準備しておく。

ストロークが得意な相手には、必要な意識ですね。

 

5.ドロップボレーに切り替える

少しテクニックが要りますが、低い打点でのボレーはドロップボレーを繰り出す絶好のチャンス。

難しいように見えて、実は深く返球する方が難しいような場面も、テニスの試合ではたくさんあります。

厳しいドロップにならなくても、相手を走らせるくらいで試合では充分。

遊び感覚で、普段の練習から試してみると良いと思います。

「低いボレーになったら、次はドロップだ!」と、決めて待つのがコツです。

 

苦手意識は、自分で意識を変えていかないとテニスは上達しない。

守備的に、ただし工夫出来るオプションを用意しておけば、低い位置でのローボレーも怖くはありません。

むしろ、好きになってしまうかも。

深く打ったり、ドロップで前に落としたり・・・やれることは多いですよ。

ぜひ、試してみて下さい!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. シングルスの試合で効果的な、ネットプレーの事例集4つ
  2. ボレー練習の基本、「ボレーボレー」をもっと効果的に実践するアイデ…
  3. テニスの試合で使えるドロップボレーを身に付ける4つのコツ
  4. ボレーの基本練習、「ボレーボレー」の基本をおさらいしておきましょ…
  5. スマッシュに苦手意識がある人は、「自分から打ちにいく」ことで雰囲…
  6. 失敗しても良いから、ダブルスで前衛が動いた方が良い4つの理由
  7. ボレーが安定しない人は、「スライス回転」をかけることで試合で使え…
  8. テニス初心者の人でも楽にボレーをコントロール出来るようになる4つ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP