ボレー

ハイボレーをいつもアウトしてしまう・・・人は、チェックして欲しい4つのポイント

ハイボレーをいつもアウトしてしまう・・・人は、チェックして欲しい4つのポイント

 

ハイボレー・・・と聞いて、皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか?

チャンス?それともピンチ?

テニスの試合では、両方のシチュエーションがあるでしょう。

特にチャンス!と思ったときほど、ハイボレーは技術的な「差」が出やすいショットだと思うんです。

 

1.ラケットセットの位置を高く!

意外と、皆さんが思っている以上にラケットが低い位置にあるケースが多い。

しっかり打点よりも上、にラケットをセットすると、しっかりと抑えの効いた良いハイボレーになります。

相手のボールに力がある場合には、このセットの位置が低いと押されて弾かれてしまう。

ハイボレーは、チャンスのようで実はしっかりとボールを抑えるのが難しいショット。

高い位置にセットしながら、身体全体で少し横向きを作って打点に入る癖を意識してみて下さい。

 

2.テイクバックは視界から消えないように

1.で準備=ラケットセットしたときに、視界からラケットが消えてはいませんか?

消えているようだと、ちょっとテイクバックが大きい可能性があります。

テニスでは、どうも高い位置のボールを打つ時に人は力を入れて、叩きたくなる傾向にあるので危険。

ハイボレーも、あくまでボレー。

ですので、後ろのテイクバックは小さく、足の踏み込みでボールに力を与えていく意識を持ちましょう。

 

3.ボールの横を触って打ってみる

ハイボレーは、レベルが上がってくると「スライス回転」をかけるのが常套手段になります。

その方が安定するし、相手コートにバウンドしても弾まない、有効な攻撃になる。

初心者の方でも、一度ラケットでボールの「横半分」を打ってみる感覚、試してみて下さい。

ボールの下を打つよりも、アウトする可能性が低くなると思います。

最初は失敗してもOK!

ただし、ボールを打った後は振り過ぎないように、コンパクトに打ち終わること。

新しい打感、試してみると急にハイボレーが得意になるかも知れないですよ。

 

4.厳しいときには「つなぐ」意識で

厳しいロブを返球するときには、しっかり「つなぐ」意識も大事。

ハイボレーでも、下がりながら打つケースもあると思います。

そんなときには「山なり」な軌道をイメージすると良いでしょう。

相手コートに深く返球出来れば、また態勢を立て直してチャンスを待てる。

厳しいときには頭を冷静に、相手にとって「嫌なことは何か?」を考えてみましょう。

きっと無理してバーン!とミスしてくれることを、期待しているはずですから。

 

ハイボレーって、簡単そうで難しい。

試合に出ている人はココで決めたい!と思うし、女子ダブルスの試合ではバックハンド側にロブをガンガン上げられますしね。

アウトしないコツ、それから深いロブは無理しない意識。

これで試合でもハイボレーはバッチリ、なはずです。

ダブルスの試合に備えて、積極的に練習していきましょう。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. スマッシュに苦手意識がある人は、「自分から打ちにいく」ことで雰囲…
  2. ボレーが安定しない人は、「スライス回転」をかけることで試合で使え…
  3. 失敗しても良いから、ダブルスで前衛が動いた方が良い4つの理由
  4. シングルスの試合で効果的な、ネットプレーの事例集4つ
  5. ボレーの基本練習、「ボレーボレー」の基本をおさらいしておきましょ…
  6. クレーコートでのネットプレーに必要な意識4つ
  7. ダブルスの試合に出る機会があれば、「フライングポーチ」に磨きをか…
  8. テニスの花形ショットの一つ、「スマッシュ」の基本を押さえて練習し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP