ボレー

ボレーがどうしても苦手・・・な人は、構える時のラケットの位置から見直してみては?

ボレーがどうしても苦手・・・な人は、構える時のラケットの位置から見直してみては?

 

ボレーが苦手な人は、何となくパッと見で分かる

皆さんはボレー、苦手ですか?それとも、得意?

様々だと思いますが、パッと構えている雰囲気を見て、「この人ボレー、苦手かも知れないな・・・」と感じること、試合や練習でもあるかと思います。

上手く言葉に出来ないけど、どこかぎこちなさそうだし、自信なさそう・・・みたいな感じで。

きっとそのポイントは、構えるときのラケットの位置、だと思うんです。

私の感覚だと、ボレーが苦手な人は2パターンのラケットの構え方があります。

 

肘が伸びきって、ラケットが前に出過ぎている人は融通が利かない

構えているときにラケットがかなり前にある、肘がピーンと伸びている。

こういう人は、攻撃的なボレーだと打てるんですけど正面に来たり、低い位置のローボレーになると弱い。

もっと肘は軽く曲げて、ラケットは身体の近くに置いておく、くらいの方が柔らかいタッチが使えますよね。

打点を前に、という意識は大事ですが、肘が伸びきっていると力が入り過ぎてボールが飛び過ぎてしまうでしょう。

特に女性の方に多い傾向だと思うので、一度意識してみて下さい。

 

ラケットの位置が腰より低い人は、ロブ系のショットに反応出来ない

ラケットの構える位置が低い人も、どこか自信が無さそうに見える。

リラックスして待っているのはとても良いことですが、腰より低い位置にラケットがあると頭上のボールに反応出来ない。

スマッシュやハイボレー、ネットにいるということは上が狙われるということ。

しっかり腰の位置、にグリップがくるようにして、ラケットの先はアゴの下か顔の前にくるように上を向けて構えてみましょう。

きっと、雰囲気だけで見違えると思いますよ!

 

ボレーは雰囲気も大事。

だってネットにいる相手が、自信満々でしかも隙が無い構えをしているだけで、こっちは力入るじゃないですか。

実力は後から付いてくる。

まずは自分の構え、ぜひ鏡の前で見直してみて下さい。

良い雰囲気、出てますか・・・ね?

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. ダブルスの試合で「決定力のあるボレーが打ちたい」と思うなら、試し…
  2. ボレーの基本となるラケット動作で、意識したい大事な5つのポイント…
  3. 自分の上に上がった、「厳しいロブをカットする」ときに必要な意識4…
  4. 相手からスマッシュを打たれたときに、とっさに反応して守備力を高め…
  5. 「ワンバウンドなのにボレー?」で打つハーフボレーを覚えよう
  6. テニス初心者の人でも楽にボレーをコントロール出来るようになる4つ…
  7. ボレー ダブルスの並行陣で、「センターをスパスパ抜かれる」ペアが気を付け…
  8. ダブルスの試合に出る機会があれば、「フライングポーチ」に磨きをか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP