ボレー

テニスの試合で、「チャンスボールのボレー」を決められない全ての方へ

テニスの試合で、「チャンスボールのボレー」を決められない全ての方へ

 

「チャンスボール」って思ってるの、アナタだけかも・・・

ダブルスの試合、後衛が作ったチャンスを前衛がバシッと決める・・・。

理想的な展開ですよね。

でもこの「決める」というのが、テニスでは難しい。

ネットに近い場所でボレーすれば、打っている本人も簡単だと思っていると思うのですが、コレがなかなか難しい。

チャンスボールと思った時点で、力が入ってしまいますからね。

テニスでは、グリップを強く握るほど、ボールは強く飛んでいく。

速いボールを打ってコントロールするのって、本当に難しいんです。

 

「チャンスボール」の概念を変えてみよう

チャンスボールって、どんなボールだと思います?

フワフワっとネット際に上がったボールは、全てチャンスボールでしょうか?

私はちょっと、違うと思う。

だって相手がしっかり守備的な陣形を取って構えていたら、なかなかボレーでもエースは狙えない。

ダブルスなんて、まさにそうですよね。

チャンスボールは、相手が態勢を崩していて、しっかりオープンスペースもある、そして最後に打っている自分に余裕がある状態。

ここまできて、初めて「チャンス」なんじゃないかと思うんです。

 

つまり、そんなに試合で「チャンスボール」って無いってこと

ボレーはつい、決めて当たり前みたいな雰囲気になりますよね。

でも、そんなに簡単な場面が少ないことは、試合に出ている方ならご理解頂けるはず。

ボレーでバシッと決まっても、結果的に決まったのであって、エースを奪おうとしている場面は少ないはず。

強引に決めたポイントって、決まったとは言え、すごく危険・・・だと思いませんか?

「チャンスボール」という言葉、危険な言葉ですね。

ボレーするときには特に、気を付けて欲しいと思います。

 

考え方によっては、「チャンスボールをミスったー!」というのも、落ち込み過ぎかも知れませんね。

チャンスボール、じゃなかったんですよ、きっと。

少し自意識過剰かも・・・と思えたら、テニスはもっと強くなれる。

一度客観的に、自分のプレーを見つめ直してみませんか?

チャンスボールの、ボレーから・・・。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. クレーコートでのネットプレーに必要な意識4つ
  2. 失敗しても良いから、ダブルスで前衛が動いた方が良い4つの理由
  3. ボレーの基本練習、「ボレーボレー」の基本をおさらいしておきましょ…
  4. テニス ボレー スマッシュをしっかり決め切ることが出来る人が、試合で意識している…
  5. ボレーが安定しない人は、「スライス回転」をかけることで試合で使え…
  6. ボレーの基本となるラケット動作で、意識したい大事な5つのポイント…
  7. テニス ボレー ボレーがどうしても苦手・・・な人は、構える時のラケットの位置から…
  8. テニスの花形ショットの一つ、「スマッシュ」の基本を押さえて練習し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP