ボレー

ダブルスの試合に出る機会があれば、「フライングポーチ」に磨きをかけよう

ダブルスの試合に出る機会があれば、「フライングポーチ」に磨きをかけよう

 

ダブルスの試合、勝負の鍵は「前衛」に有り!

ダブルスの試合に出る機会があれば、ぜひ試して欲しいこと。

それは、積極的な「前衛」になることです。

ダブルスの試合って、初心者の方の試合ではやっぱり後衛が中心。

後衛のストローク力がモノを言うような勝負、の試合が多いと思います。

ですが、ダブルスの醍醐味は「前衛」にあると私は思っています。

ストローク勝負で勝てないような相手でも、しっかり前衛でプレッシャーをかけることが出来れば、ダブルスの試合で効果的です。

 

テニスの試合は、「フライングスタートOK!」な競技

実際に前衛でプレーしたことがある方ならお分かりかと思いますが、なかなか試合の中でボレーに出るって大変。

「ポーチ」と呼ばれるクロスラリーに飛び込んでいくようなボレー、失敗が怖いし何よりストロークのスピードが速いと触ることも出来ない。

でも、触れないでモジモジしている前衛は、相手にとっては楽。

ここは思い切って、「フライング」しちゃいましょう。

相手が打つ前に動いても、テニスでは反則ではありません!

触れないのは、「相手が打った後に動く」から。

味方のサーブのときにアナタが前衛なら、相手がリターンで触る少し前、に動いたって良いんです。

 

先に動いて待っておけば、楽にボレー出来るのが前衛

ストロークやリターンに、「飛び込みながらボレー」しようと考えるから難しい。

フライングスタートで、先に動いて待ち構えておく、という考えにすると、ダブルスの前衛はグッと楽になります。

「ストレート、抜かれたらどうするの・・・?」と思った方、正解・・・ですが、それは相手のナイスプレー。

いつまでもモジモジしている前衛より、抜かれても自分で打開していこうと思う前衛の方が頼もしい。

私が後衛の選手だったら、そう思います!

 

なかなか前衛でラリーに絡めない人、少しだけ意識を変えていきましょう。

ストレートをケアするのが前衛の仕事、ではありません。

前衛の仕事は、相手にプレッシャーをかけて後衛を助け、試合を勝利に導くこと。

失敗しながらでも、どんどんトライしていきましょう!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. ボレーの基本練習、「ボレーボレー」の基本をおさらいしておきましょ…
  2. シングルスの試合で効果的な、ネットプレーの事例集4つ
  3. テニス初中級者の壁メニュー、「ボレー対ストローク」について考えて…
  4. 自分の上に上がった、「厳しいロブをカットする」ときに必要な意識4…
  5. ボレーが安定しない人は、「スライス回転」をかけることで試合で使え…
  6. クレーコートでのネットプレーに必要な意識4つ
  7. ボレーの基本となるラケット動作で、意識したい大事な5つのポイント…
  8. テニス初心者の人でも楽にボレーをコントロール出来るようになる4つ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP