ボレー

テニスの花形ショットの一つ、「スマッシュ」の基本を押さえて練習してみよう

テニスの花形ショットの一つ、「スマッシュ」の基本を押さえて練習してみよう

 

スマッシュは、見た目より難しいショット

テニスのおけるスマッシュ、カッコイイですよね。

漫画やアニメでのフィニッシュショットとして、憧れてテニスを始めた人も多いと思います。

でも、実際に打とうとしてみると・・・意外と難しい!

特に、ボールの落下点に入ることから、まず足が思うように動かないという方、多いんじゃないでしょうか。

そう、テニスではまず「自分が打てる場所に移動する」ことが難しい。

スマッシュは特に、相手が打ったボールの軌道を観て、先回りしないといけませんからね。

生半可な気持ちでは、打てる場所にすら移動出来ないで終わるのです。

 

まずは相手が「打ってすぐに」自分のコートのどこに落ちるのか、予測しよう!

「予測」も立派で大事なスマッシュのスキル。

相手が打って、自分のコートに飛んでくる前に、しっかり「どこで打つのか」を予測して動かないといけません。

山なりのボール、ロブだと油断していると、どんどんボールが落下して来て慌ててしまう。

相手が打ち出したと同時に、パッと予測する癖を付けましょう。

この予測が出来ないと、どんなフットワークやスマッシュの技術を持っていても意味が無い。

しっかり打ちやすい場所まで動く、為の前段階で必要なのは「どこに移動するのか」を決める予測と決断力です。

 

難しく考えず、上に振って「大きくサーブを打つ」つもりで

細かい技術はさておき、まずスマッシュはしっかり上方向に振り抜いていくことが大事。

下に叩き付けるイメージが強すぎる方は、試合でネットミスしてしまう。

まず、上に振って大きくサーブを打つ、くらいの意識で良いでしょう。

違いを作るとすれば、ラケットを下からかつぐ動作を省略すること。

スマッシュを打つと決めたら、ラケットはすぐに肩にかつぐようにして準備する、ラケットを持たない腕は高く上に掲げて準備、を意識しましょう。

この準備をしながら、予測した場所に最短距離で移動していく!

結構忙しいですが、早く動いておけばそれだけ余裕を持ってスマッシュを打つことが出来るのです。

 

スマッシュ上手は、テニス上手。

ダブルス上手になっていきます。

逆にスマッシュが打てないと・・・どれだけチャンスを作っても、相手に逃げられて終わってしまいますよね。

スマッシュは打った回数だけ、上達が早い。

打つ回数を増やすには、速い予測と反応が大事になります。

後衛に任せてばかりのロブ、をどんどん打ちにいけるように、練習していきましょう!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. 失敗しても良いから、ダブルスで前衛が動いた方が良い4つの理由
  2. シングルスの試合で効果的な、ネットプレーの事例集4つ
  3. クレーコートでのネットプレーに必要な意識4つ
  4. ボレー練習の基本、「ボレーボレー」をもっと効果的に実践するアイデ…
  5. テニス ボレー スマッシュをしっかり決め切ることが出来る人が、試合で意識している…
  6. いつの間にか「合わせるだけのボレー」になってしまっている人が、改…
  7. 相手からスマッシュを打たれたときに、とっさに反応して守備力を高め…
  8. テニスの試合で、「チャンスボールのボレー」を決められない全ての方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP