ボレー

「ワンバウンドなのにボレー?」で打つハーフボレーを覚えよう

「ワンバウンドなのにボレー?」で打つハーフボレーを覚えよう

 

ハーフバウンドで打つボレー、が「ハーフボレー」

「ハーフバウンド」という言葉、他のスポーツで聞いた方も多いと思います。

バウンドしてすぐ、地面からボールが上がった瞬間に触ったり蹴ったり、色々なスポーツで使う言葉ですね。

テニスでは、ボールをワンバウンドで打つかノーバウンドで打たないといけない。

ワンバウンドで打つ、そのバウンドが地面から上がってすぐのタイミングで打つ時には、「ハーフボレー」という呼び方をします。

 

ハーフボレーが使えると、コートを広く守れる

テニスでは、自分がいるポジションに応じて打つ機会が増えるショットが変わります。

ベースライン、ネットから離れた後ろの位置からだストロークが主体になりますし、ネット近くではボレーがメインになる。

では、その間は・・・?と考えると、両方打つ機会が増えてきます。

そこで、ボレーで打つ!と思ったけど目の前でボールが失速したり変化して、ワンバウンドになってしまうときに、このハーフボレーが打てると便利なんです。

難しいように見えますが、コツを掴めば初心者の方でも難しくないはずです。

 

コツはラケット面を下に向けて、打点を前に取ること

ハーフボレーのコツは、まず打つラケット面を下に向けること。

これで上に飛ぶの・・・?と思う方も多いと思いますが、ちゃんと飛んでくれます。

普通のストロークのような打ち方では、バウンド後のボールの力を抑え込むことが出来ない。

ボールの軌道の向きを変える訳ですから、それなりの抑え込む力は要ります。

そしてその力を伝えるには、打点はハッキリ前!がベストです。

足は止めて、その前足より30cmくらい前、で打てると力が伝わりやすいでしょう。

 

ハーフボレーはどんどん練習しないと感覚が身に付きません。

実際のテニスの試合では、ボレーしようか落として打とうか・・・迷ってしまう場面が多々ありますよね。

そんなときにハーフボレーが打てると、とっても便利。

ぜひ、初心者や女性の方も積極的に練習してみて下さい!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. ダブルスの試合で「決定力のあるボレーが打ちたい」と思うなら、試し…
  2. スマッシュに苦手意識がある人は、「自分から打ちにいく」ことで雰囲…
  3. テニス初中級者の壁メニュー、「ボレー対ストローク」について考えて…
  4. ボレーの基本練習、「ボレーボレー」の基本をおさらいしておきましょ…
  5. クレーコートでのネットプレーに必要な意識4つ
  6. テニスの試合で、「チャンスボールのボレー」を決められない全ての方…
  7. ダブルスの試合で求められる、「低い打点でのボレー」で意識したい5…
  8. 自分の上に上がった、「厳しいロブをカットする」ときに必要な意識4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP