ボレー

初心者の方でもコツを掴めば出来る!「ドライブボレー」を上手く打つコツについて

初心者の方でもコツを掴めば出来る!「ドライブボレー」を上手く打つコツについて

 

ドライブボレーとは?

ノーバウンドで打つのがボレー、それにドライブ回転をかけていくショットがドライブボレー。

通常、ボレーはスライス回転と呼ばれる「逆回転」がかかっていますが、ドライブボレーは純回転。

スピン系のストロークと同じような回転、球種になります。

ですので打ち方もストロークとそっくりでOK。

スピン系のストロークを打つつもりで、ノーバウンドで打てばそれがドライブボレーになります。

 

ドライブボレーの魅力とは?

非常に攻撃的なショットですので、シングルスでもダブルスでも使い勝手が良い。

ネットから離れた位置でも振り抜きやすい、相手コートの深く狙って打てば縦に変化してコートに入ってくれる便利なショット。

シングルスの試合でも、ラケットの持ち方=グリップチェンジ無しでそのまま攻撃していけるので、魅力的です。

ただし、タイミングの取り方と打点を決めるのが、結構難しい。

今回はそのコツを伝授します!

 

オープンスタンスで、打点は胸あたりで下から振っていこう!

まずはスタンス、下半身の土台の作り方から。

ココが一番のポイントで、オープンスタンスと呼ばれる両足がネットと平行になる感じで、身体を正面向きに準備。

肩を入れて上半身をひねれば、それで準備は完了!

打点は胸の高さ、がオススメです。

結構「高いなー」と感じるくらいで、ちょうど良い。

打点が低いと、ネットしてしまう可能性も高くなります。

打点を高く設定して、そこに対してしっかり下からラケットを振っていく形でスウィングしていきましょう!

 

ドライブボレーは、逆に初心者の方の方が楽。

先入観が無いので、ボレーが出来なくても全然大丈夫。

むしろ、ストロークと全く違う打ち方のボレーの方が、難しいんですよね・・・。

ぜひ、試合で使えるドライブボレー、磨いてみて下さい。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. テニス初中級者の壁メニュー、「ボレー対ストローク」について考えて…
  2. 自分の上に上がった、「厳しいロブをカットする」ときに必要な意識4…
  3. スマッシュに苦手意識がある人は、「自分から打ちにいく」ことで雰囲…
  4. 失敗しても良いから、ダブルスで前衛が動いた方が良い4つの理由
  5. ボレー ダブルスの並行陣で、「センターをスパスパ抜かれる」ペアが気を付け…
  6. クレーコートでのネットプレーに必要な意識4つ
  7. シングルスの試合で効果的な、ネットプレーの事例集4つ
  8. ボレー練習の基本、「ボレーボレー」をもっと効果的に実践するアイデ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP