ボレー

ダブルスの並行陣で、「センターをスパスパ抜かれる」ペアが気を付けたい4つのポイント

ダブルスの試合、サーブ&ボレーで並行陣でプレーする方も多いと思います。

リターンダッシュからの並行陣、も有効な作戦ですよね。

でも・・・実際に並行陣のポジションを取ってみたけど、「センター」をスパスパ抜かれてしまうようなペアも、試合会場ではたくさん観ますよね。

このセンターの守備、を侮っていると、並行陣がとたんに弱くなってしまうので注意が必要です。

 

ダブルスの並行陣で、「センターをスパスパ抜かれる」ペアが気を付けたい4つのポイント

 

1.外側のボレーを使う意識を持つ

これが一番、私はオススメです!

例えば右利きの方であれば、デュースサイドからのサーブ&ボレー、ファーストボレーは出来るだけフォアハンドボレーを使う。

センターに寄って、ワイドを空けておくようなイメージですね。

そうすると、自然にパートナー同士の距離も近くなるし、センターも抜かれにくい。

並行陣でセンターを抜かれる時は、ポジショニングがおかしいケースがほとんどです。

 

2.前衛と後衛で前後差を付ける

並行陣、2人でネットに出ても前衛と後衛、をしっかり意識する。

後衛はサービスラインかその1歩ネット寄り、前衛はそのさらに2歩くらい前、が基本ポジション。

ここで上手く「前後差」を付けておくと、センターへのボールにも二段構えで対応が可能です。

前衛が触れなくても、後衛がカバー出来る、そんな並行陣はやっぱり強いです。

 

3.ペアとぶつかる気持ちでセンターを守る

先ほどの2.にも関連するのですが、センターの守りが堅いペアは2人の距離が近い。

だから、当然「ぶつかるくらい」の勢いで、センターは必死で抜かれまいと守るのが、強い並行陣ペアの特徴です。

そうすれば、相手も自然と「しぶといな・・・」と思うはず。

もちろんその後、は早く構え直して戻らないと隙が生まれますが、まずはセンターをしっかり2人で守る意識が先決です。

 

4.相手のチャンスはセンターに寄る!

シンプルに、相手が打ち込んで来そうなチャンスでは、しっかりセンターに寄りましょう。

手堅いペアほど、センターを攻撃してくる可能性が高いのが対並行陣、のダブルスです。

テニスはネットの中心がセンターストラップで高さを下げてある、だからセンターは攻撃しやすいし、されやすい。

このことを頭に入れておくだけで、各段に守備力は上がるはずです!

 

ちょっとした意識改革で、今の並行陣はもっと守備力がアップします。

センターをスパスパ抜かれていると、いつまで経っても並行陣で試合には勝てない。

それくらいの危機感を持って、頑張っていきましょう!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. テニス初中級者の壁メニュー、「ボレー対ストローク」について考えて…
  2. 「ワンバウンドなのにボレー?」で打つハーフボレーを覚えよう
  3. シングルスの試合で効果的な、ネットプレーの事例集4つ
  4. ダブルスの試合で求められる、「低い打点でのボレー」で意識したい5…
  5. 相手からスマッシュを打たれたときに、とっさに反応して守備力を高め…
  6. テニス初心者の人でも楽にボレーをコントロール出来るようになる4つ…
  7. テニスの試合で、「チャンスボールのボレー」を決められない全ての方…
  8. 初心者の方でもコツを掴めば出来る!「ドライブボレー」を上手く打つ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP