ボレー

ボレーの基本となるラケット動作で、意識したい大事な5つのポイント

ボレーの基本となるラケット動作で、意識したい大事な5つのポイント

 

1.グリップはストロークとは違うグリップに

ストロークのようなスピン回転主体のグリップ、とは異なるのがボレーの技術。

ラケットはコンチネンタルグリップ、と呼ばれる「薄い」グリップになります。

ラケットを包丁を握るように自然に握ってみる、ところからまずはスタートしてみて下さい。

ラケット面と手のひらが平行になるように、意識してみると上手くいくでしょう。

 

2.ボールの下側を触ると飛距離が出やすい

なかなかボールが飛ぶ距離が出ない、場合にはボールの下側を触ってあげる。

そうすると軌道が山なりになって、相手コートに深く入ってくれるでしょう。

山なりなボレーは、かっこ悪い?

ネットミスばっかりしているボレーだと、試合で使えませんよ。

 

3.ラケットの振り幅は30cmまで

ボレーは振らない、と教えられる人が多いと思いますが、ちょっと違うかも。

少しだけラケットを動かす、30cmくらい上からボールを抑え込むような感じで打てると、ベストです。

フォアハンドボレーでも、バックハンドボレーでも、30cmのラケット動作を意識すると安定する。

それより遠くにボールがあるときには、しっかり足を動かしてボールに近付いていきましょう。

 

4.ラケットはお腹の前にセット

準備段階で、ボレーは決まると言っても過言では無いでしょう。

準備している位置が低いと、ボールへの反応が遅れる。

リラックスしてお腹の前、ラケットの先は胸の前、くらいの位置が基本になります。

利き腕でグリップを、反対の手のひらでラケットのスロート部分(ガットとグリップの間のところ)を支える。

いつも準備ではラケットの位置、をチェックしておきましょう。

 

5.グリップから前に出していく

つい、ボレーで力が入るとラケットの先から前に出ていってしまう。

落ち着いてラケットを動かす為には、しっかりグリップ側、自分の小指から出していく。

焦らず、ボールを引き付ける意識があれば、きっと出来るはずです。

初心者の方は、ついラケットの先から打点に入ってしまう。

ラケット動作の基本、グリップから前を徹底してみましょう。

 

ボレーのラケット動作は、出来るだけシンプルに。

上手い選手って、あまりラケットを激しくは動かさないですよね。

それだけ動かさないでも打てる、くらいしっかり足は動かしていきましょうね。

ボレーの基本を身に付ければ、きっとテニスはもっと楽しくなってくるはずです!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. ボレーが安定しない人は、「スライス回転」をかけることで試合で使え…
  2. テニスの試合で、「上手くボレーを入れてポイントを獲る」為に大事な…
  3. 「ワンバウンドなのにボレー?」で打つハーフボレーを覚えよう
  4. スマッシュに苦手意識がある人は、「自分から打ちにいく」ことで雰囲…
  5. クレーコートでのネットプレーに必要な意識4つ
  6. スマッシュが苦手な人が意識したい4つの基本
  7. テニス ボレー ボレーがどうしても苦手・・・な人は、構える時のラケットの位置から…
  8. テニスの試合で、「チャンスボールのボレー」を決められない全ての方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP