ボレー

クレーコートでのネットプレーに必要な意識4つ

全仏オープン、錦織選手の敗退は残念でしたが・・・これからがまさに佳境、ですね!

ストローク力が注目されがちの大会ですが、要所で見せるボレー、ネットプレーが、実は試合を決める大事な要素になる。

きっと皆さんの試合でも、参考になる部分が多いはずです。

 

クレーコートでのネットプレーに必要な意識4つ

 

1.相手の隙を突いて前に出る

「いかにも」というタイミングでネットに出ても、それはパッシングショットの餌食になる。

全仏オープンを観ていると、相手の態勢が崩れたのを見計らって前に出る、隙を突いていくようなネットプレーが多い。

時間を奪うだけで、ボレーはすごくシンプル、ですよね。

相手を左右に走らせて、追い込んでいるときには前に出る。

シングルスの試合で、必要な意識でしょう。

 

2.ドロップボレーで終わるイメージがGOOD

ネットプレー、というとどうしても激しいボレー、をイメージしがち。

でも実際にクレーコートの試合を観ていると、むしろ「前に落とす」ような感じで終わるケースの方が多い。

相手が後ろにいるなら、シングルスでもドロップボレーで終わる、くらいの気持ちで良いでしょう。

力を抜いて、楽に打ち終わることでミスも減るはずです。

 

3.相手のロブをケアしよう

一般の試合、草トーでのアプローチショットは、きっと相手もロブが増える。

そのロブを、しっかりケアして打ち切る意識が大事です。

スマッシュを打つ、つもりで試合に入っていく。

多少ミスしても良い、迷って落としてインになったり、ハイボレーでつなぐような感じだと相手の脅威にはなりません。

思い切って、早い準備で振っていきましょう。

 

4.リターンダッシュこそ、宝の山!

実際のクレーコート、ネットプレーを混ぜるのに適しているのは・・・そう、リターンダッシュ。

クレーコートはサーブのバウンドを吸収してくれるので、そんなに伸びては来ない。

だからこそ、相手のセカンドサーブは積極的に踏み込んでチャージして、相手にプレッシャーをかけていくことが大事。

意外と、リターンダッシュって「やった者勝ち」なんですよね。

クレーコートでぜひ、試してみて下さい。

 

最近では、オムニコートが増えてクレーコートは減少傾向にあります。

今回のネットプレーのヒントは、きっとオムニコートでも活かせるはず。

1つか2つ、でも良いので目に付いたアイデア、試してみて下さい。

思わぬ反応で相手が自滅、してくれるかも知れませんよ。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. ボレーが安定しない人は、「スライス回転」をかけることで試合で使え…
  2. ボレー ハイボレーをいつもアウトしてしまう・・・人は、チェックして欲しい…
  3. ダブルスの試合に出る機会があれば、「フライングポーチ」に磨きをか…
  4. テニスの試合で使えるドロップボレーを身に付ける4つのコツ
  5. 失敗しても良いから、ダブルスで前衛が動いた方が良い4つの理由
  6. 相手からスマッシュを打たれたときに、とっさに反応して守備力を高め…
  7. ボレーの基本練習、「ボレーボレー」の基本をおさらいしておきましょ…
  8. 「ワンバウンドなのにボレー?」で打つハーフボレーを覚えよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP