ボレー

スマッシュをしっかり決め切ることが出来る人が、試合で意識していること5つ

スマッシュが苦手・・・打ちたくない・・・。

と思って前衛にいる方、意外と多いんじゃないでしょうか。

スマッシュはテニスの実力を如実に現す、その人のレベルを一番反映させやすいショット。

試合で決め切るには、ちょっとしたコツが必要です。

 

スマッシュをしっかり決め切ることが出来る人が、試合で意識していること5つ

 

1.ロブを予測して先回り

ナイスなロブは、打ってから動いても厳しい。

相手の配球やテイクバックを観察して、先回りするくらいの意識で構えておきましょう。

自分の上に、打たれるのではなく誘う。

そうすればきっとスマッシュも、自分から積極的に打ちにいけるはずです。

 

2.クロスステップを使う

後ろに下がるスピード、これがスマッシュを決め切るうえで大事なポイント。

しっかり下がることが出来れば、ほとんどのロブはスマッシュ出来る。

その為には、横向きからネットに近い足が後ろの足を追い越していく、クロスステップをしっかり使いたい。

大きな歩幅で一気に下がる、のをイメージしたフットワークに変えていきましょう!

 

3.打つコースは最初から決めておく

ロブを上げられた瞬間に、「ここだ!」と打つ場所を決められるかどうか。

この決断力、実はスマッシュの技術以上に大事だと思います。

最後まで結論が出ないで、グダグダのスマッシュになっている人、たくさんいませんか?

相手が打つ前から、「次にロブを上げられたら、ここだな・・・」と決めておく。

これを習慣付けてみて下さい。

 

4.全てはラケットセットの素早さで決まる

ラケットをパッと準備出来るかどうか。

この態勢に、0.1秒でも早く入れるかどうか、がスマッシュの決定力を左右します。

きっと、どこかサーブに近い打ち方で下から回して担いだり、ゆったりしている部分があるはず。

ほんの少しですが大きな差、になっていることを自覚しましょう!

 

5.ジャンプしてコンパクトに振り切ること

スマッシュは、とにかくジャンプ!

数cmでもジャンプすることで、コートから力をもらえる。

上半身はシンプルに、下までラケットを振り下ろさなくても大丈夫。

上で弾いて終わるくらいのイメージで、スマッシュを打ってみて下さい。

きっと切れ味鋭い、決定力のあるスマッシュになるはずです。

 

スマッシュって、試合で打つ機会が少ない・・・ですか?

いやいや、実は多いはず。

気付いていないだけで、相手には悟られてますよ。

「この相手は、ロブを上げておけば問題無いな・・・」って。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. 失敗しても良いから、ダブルスで前衛が動いた方が良い4つの理由
  2. クレーコートでのネットプレーに必要な意識4つ
  3. 相手からスマッシュを打たれたときに、とっさに反応して守備力を高め…
  4. ボレーの基本練習、「ボレーボレー」の基本をおさらいしておきましょ…
  5. スマッシュに苦手意識がある人は、「自分から打ちにいく」ことで雰囲…
  6. テニスの花形ショットの一つ、「スマッシュ」の基本を押さえて練習し…
  7. スマッシュが苦手な人が意識したい4つの基本
  8. シングルスの試合で効果的な、ネットプレーの事例集4つ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP