ボレー

スマッシュが苦手な人が意識したい4つの基本

スマッシュに苦手意識を持っている方、多いと思います。

試合の中であまり多く使うショットでは無いかも知れませんが、大事な場面でその時はやって来る。

そして一つのミスが・・・試合の流れに大きく影響してくるのが、スマッシュですよね。

改めて基本の部分、見直していきましょう。

 

スマッシュが苦手な人が意識したい4つの基本

 

1.ラケットをすぐにセット

まず、ラケットの準備は素早く!

顔の横に、サッと準備するのを相手が打ったと同時に完了、するくらいの意識で。

苦手意識があると、身体の反応も遅くなる。

構えの早さを変えていけば、自然に苦手意識も無くなっていくでしょう。

 

2.下がって打つのが実戦的なスマッシュ

実際の試合では、相手のロブを打ちぬくのがスマッシュ。

そう、下がって打つのが自然。

その場で打てないから後衛に任せる・・・のでは、いつまで経っても成長しない。

あくまで、普段の練習からロブに反応して下がる!のを意識しましょう。

 

3.ジャンプするから安定する

「ジャンピングスマッシュって、難しそう・・・」と思う方も、多いでしょう。

ですが、実際に打ってみるとコートを足でキックした方が、タイミングも取りやすいし威力も出る。

だからこそ、苦手意識がある人はどんどん、ジャンプしてスマッシュを打つと上手くいくことが多いはず。

苦手意識があると、身体が動かなくなってしまうのもテニスの特徴。

思い切ってジャンプ、くらいがきっと良いスマッシュになるはずです。

 

4.腕を下まで振り過ぎない

スマッシュは、小さいスウィングで良い。

大きく下まで振り下ろそうとするから、上手くいかないケースが多いことに気付きましょう。

力が入ってしまうと、大きな振りになりがちですが、それよりも上で打ち終わるくらいのイメージでちょうど良い。

スマッシュは、肘より先をコンパクトに使って上で終わる、のが基本です。

 

スマッシュが苦手だと、ポイントをフィニッシュ出来ない。

ダブルスでも、後衛に任せてばっかり・・・になりがちです。

苦手意識は、具体的な修正方法で確実に直るはず。

ぜひ、練習してみて下さいね。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. ボレーの基本となるラケット動作で、意識したい大事な5つのポイント…
  2. テニスの花形ショットの一つ、「スマッシュ」の基本を押さえて練習し…
  3. 相手からスマッシュを打たれたときに、とっさに反応して守備力を高め…
  4. 初心者の方でもコツを掴めば出来る!「ドライブボレー」を上手く打つ…
  5. テニスの試合で、「チャンスボールのボレー」を決められない全ての方…
  6. シングルスの試合で効果的な、ネットプレーの事例集4つ
  7. いつの間にか「合わせるだけのボレー」になってしまっている人が、改…
  8. ダブルスの試合で「決定力のあるボレーが打ちたい」と思うなら、試し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP