戦術

テニスの試合で、リードしているのにいつもまくられてしまうのは・・・なぜ!?

皆さんも少なからず、経験あると思います。

試合の序盤はリードしているのに、中盤から後半に追い付かれて、結果的にまくられて負けてしまう。

このまくられ癖、気付いていない方が多いと思いますが、ある意味で「当たり前の法則」の元に発生している。

そこに気付かないと、いつまで経ってもまくられ続けてしまうかも知れません。

 

テニスの試合で、リードしているのにいつもまくられてしまうのは・・・なぜ!?

 

自分がリードしたときに、相手は何を考えるだろう?

1セットマッチで、2-0、3-0、3-1、4-1・・・と、良い感じにブレイクもして進行出来ている。

このときに、相手は何を考えているでしょうか?

ここに、まくられてしまうような危険因子が、すでに潜んでいると私は思います。

1セットマッチの試合で3ゲーム差がついてしまうと、もう相手は「リスクを冒せない」ようなテニスになりますよね。

試合に勝ちたい、と思っている強い相手であれば当然です。

そうなると、もう「ミスしてくれる」という期待は捨てないといけない。

テニスの試合では、リードを奪っていたゲームは相手が強引なショットでミスをしてくれていたケースがほとんど、な場合が多いですからね。

 

粘りを意識したテニスになると、試合はまくられ始める

4-1のリードから、追い付かれてまくられるような試合って、どんな展開が多いですか?

きっと、相手のナイスショットで追い付かれていくのではなく、アナタ自身が崩れていって追い付かれていくケースが多いはずです。

これには、相手の作戦変更が大きく影響している。

簡単に言えば、「ミスをしない粘りのテニス」に方向転換しているケースですね。

そうなると、アナタ自身も厳しいコースを狙いたくなりますし、そこでミスが多くなってポイントを、ゲームを落としていく。

冷静にテニスコートを離れて考えてみれば、至極当然のことです。

 

相手が粘り出したときに、どんなテニスが出来るだろう?

アナタ自身、相手がビハインドを負って粘りのテニスを始めたら、どんなテニスが出来るでしょうか?

ミスを減らしてくる相手・・・ですからね、「攻撃させてみる」というのは一つの手です。

相手はこれ以上の失点は絶対に嫌、ですから攻撃にも躊躇してしまう。

あえて浅いボールを打って「迷い」を与えてみるのは効果的です。

他には、まずアナタ自身が「ファーストサーブを入れる」「リターンを山なりでも返球する」「ポイント間で時間を使う」など、テニスの試合の基本に立ち戻ってみるのも良いと思います。

追い上げられている、ときに冷静になられると相手は嫌なはず。

ちょっとしたことで、まくられ癖は誰でも直せるでしょう。

 

テニスの試合は、逆転劇の連続。

ポイントをたくさんとっても、それがゲームカウントにつながらないと意味が無いですし、毎回のゲームは0-0からスタートしますからね。

そもそも、「まくられやすい」スポーツであると思います。

だからこそ、テニスの試合は面白い、と思いませんか?

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. テニスの試合、「最後に勝ち切るのは何で難しいんだろう・・・」と考…
  2. テニスのダブルス基本戦術「雁行陣(がんこうじん)」について、抑え…
  3. ダブルス ダブルスの試合で後衛のポジションのときには、しっかり「ゲームメイ…
  4. テニスの試合で「ドロップショット」を入れていく戦術を使ってみよう…
  5. クレーコートシーズンに学びたい、クレーコートでのドロップショット…
  6. ダブルスの試合のリターンゲーム、相手のファーストサーブとセカンド…
  7. ダブルス ダブルスの試合で必要な、「前衛」と「後衛」の基本的な考え方につい…
  8. 本当にテニスが上手い選手は、「ファインプレーを隠し続ける」から怖…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP