戦術

テニスの試合で、相手の攻撃をサッとかわす守備を身に付けるコツ4つ

テニスの試合、いきなり流れが大きく変わる・・・ときって、どんなときでしょうか?

きっと草トーの試合でも、相手の攻撃をナイスな守備でしのいでポイントに出来た、ときじゃないでしょうか。

良い守備が出来るようになれば、試合の流れも変えられる!

くらいの気持ちで、ぜひ読んでみて下さい。

 

テニスの試合で、相手の攻撃をサッとかわす守備を身に付けるコツ4つ

 

1.薄いグリップでスライスが基本

ボレーでもストロークでも、相手の攻撃を受け止めるには薄いグリップでスライスがオススメ。

少し打点が後ろになっても対応出来るし、スライス回転をかけることで「遅いボール」を返球出来る。

遅い返球が出来ると、次にアナタが戻って構え直す時間も出来ますしね。

相手のスマッシュでもボレーでも、速いボールほど対応しやすいのがスライスのグリップです。

 

2.バランスを崩しやすい相手かどうかチェック!

チャンスボールでも、打った後に態勢を崩す相手は怖く無い。

返球すれば、バランスを崩している相手はひとたまりもない、返って来ないと油断している相手も多いですからね。

特にボレーやスマッシュ。

打った後にフラフラしているような相手には、まず1球返球することだけ集中してみて下さい。

きっと、攻撃をかわせることが出来るはずです。

 

3.足元のボールは山なりに返球

例えばダブルスの試合で、相手の前衛からボレーで攻撃される。

まぁ、大抵足元に打ちこまれますよね、相手もそれを狙っています。

ということは、ラケットの構える位置を少し下げて、足元をケアしておく。

そしてそのボールは、山なりにポワーンという軌道になるように、ラケット面を整えておきましょう。

相手が打つ前、というのがポイントです。

ココに打たれたら、こういうボールを返そう、と決めておきましょう!

 

4.一番の安全策、をふさいでおく

相手が攻撃してくる、まずい・・・!というときこそ、予測が大事。

例えばダブルスの並行陣、であれば「センター」を抜かれるケースが多いはず。

なぜなら、相手はそこが安全に攻撃出来るコースだからです。

まずはその安全策を、しっかりふさいで待っておく。

待ち構えておけば、かわすだけじゃなく反撃出来るかも知れませんね。

相手がリスクを冒すようなところに打って、決められたらしょうがない。

攻撃をかわすには、相手が一番打ちたいと思うところをまず、予測してみましょう。

 

難しく考えずに、薄いボレーのグリップで、相手を観察しながら予測する。

受け身にだけなっていても、テニスはなかなか守備力が上達しない。

サッとかわすために、必要なのは準備と観察、予測、です。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. テニスの試合で、「ギアを上げて攻撃していきたい」タイミング4つ
  2. テニスの試合の中で必要な、「相手が打ってくるコースを予測する」の…
  3. 全豪オープンで注目したい、ハードコートでのロブの使い方
  4. ミックスダブルスの試合で、「女性を攻撃することが出来ない」男性は…
  5. 「夫婦やカップルでミックスダブルスの試合に出たい!」方が意識した…
  6. 試合に勝てるダブルスペアが実践している「シンプルな戦術」5つ
  7. ダブルスにおける「作戦会議」は、シンプルに前衛の動きから確認しま…
  8. ダブルスの試合のリターンゲーム、相手のファーストサーブとセカンド…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP