戦術

本当にテニスが上手い選手は、「ファインプレーを隠し続ける」から怖い

昨日のWBCの試合、皆さんご覧になりましたでしょうか・・・?

初戦なりの硬さもありながらでしたが、とにかく勝てて良かった・・・ですよね。

解説の元広島カープの黒田さんが話していましたが、実はこの大味に見える試合の中にも、隠れた「ファインプレー」は多く存在している。

それはきっと、テニスの試合でも一緒、ですね。

 

本当にテニスが上手い選手は、「ファインプレーを隠し続ける」から怖い

 

例えばダブルスのポーチが上手い選手って・・・

皆さんは試合に出た時に、「この選手・・・すごく上手いかも」と思うときってどんな瞬間ですか?

私は、「必死そうに見えないのに、凄いプレーを淡々と出来る」選手だと思います。

例えば、ダブルスの試合でのポーチ。

良いリターンだと思っても、軽く出て来た前衛に捕まってポイントを取られてしまう。

上手い選手って、飛びついてポーチ、みたいなプレーってほとんど無いですよね。

すごいプレーなのに、「全然凄そうに見せない」から凄いし、相手にプレッシャーになる。

同時に、味方も勇気付けることになるんです。

 

ファインプレーは「隠す」ことで、本当に強い選手になれる

相手のナイスリターンを、こうやって何事も無かったかのようにポーチしてくれると・・・味方の選手はどうでしょう。

「あれ、俺のサーブ凄く良い感じだった!?」と思って、自信がみなぎってくる。

逆に、ポーチに出てくれたのは良いけど、飛びついてやっと触って、なんとか決めてくれる・・・感じだと、どうですかね。

「俺のサーブ、やっぱり甘いかな・・・もっと強く打たないと・・・」と不安に感じて、余計な力が入ってくるでしょう。

良い選手は、味方に自信を与えてくれるプレーをさりげなく、出来る。

理想論かも知れませんが、こうやって自分の姿勢で味方を引っ張って相手にプレッシャーをかけていける、そんなプレーを心がけたいですよね。

 

ファインプレーやナイスショットに酔っていると試合では勝てない

テニスの試合、まだラリーが続いているのに歓喜してしまう人。

実は気付いていないだけで、たくさんいます。

「ナイショ!」と自分で思った時点で、必ず隙が生まれるのがテニスの試合。

まだラリーが続いているのに、糸がぷつっと切れたようにプレーが止まる、フットワークが止まる人、いますよね。

これでは先ほど書いてきたことと、真逆の話。

ナイスプレーを隠す、どころかそんなにナイスプレーでもないのに、自分で酔ってしまってる訳ですからね・・・深刻です。

 

自分のナイスなプレー、どんな感じか考えてみて下さい。

もちろん、ダイナミックに動いて必死でもぎ取ったポイントもナイス、ですが、それだけじゃないはず。

隠して隠して、「普通」そうに見せておく意識も、大事だと思いますよ。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. ミックスダブルスの試合で、「女性を攻撃することが出来ない」男性は…
  2. 試合に勝てるダブルスペアが実践している「シンプルな戦術」5つ
  3. ダブルス ダブルスの試合で後衛のポジションのときには、しっかり「ゲームメイ…
  4. テニスの試合で、相手の攻撃をサッとかわす守備を身に付けるコツ4つ…
  5. テニスの試合で、リードしているのにいつもまくられてしまうのは・・…
  6. ダブルスの試合のリターンゲーム、相手のファーストサーブとセカンド…
  7. 全豪オープンベスト4のマクラクラン勉選手、シングルバックハンドリ…
  8. 「夫婦やカップルでミックスダブルスの試合に出たい!」方が意識した…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP