戦術

テニスの試合で、「ギアを上げて攻撃していきたい」タイミング4つ

テニスの試合の中で、「ここで一気に、相手をリードしたい!」というような場面、ありますよね。

試合巧者の選手は、こういう見極めが上手い。

試合の序盤は確実に7割くらいの力で入って、ふとしたタイミングでギアを上げて突き放す。

そんなポイント、どの辺にあるか考えてみましょう。

 

テニスの試合で、「ギアを上げて攻撃していきたい」タイミング4つ

 

1.相手のダブルフォルト、イージーミスが続いたとき

ふと、相手が気が抜けたようなプレーが続いたとき。

そんなときには、アナタ自身がギアを上げるチャンスです。

サーブは入れに来るでしょうし、ラリーも正攻法、ダブルスなら手堅いクロスでの戦術が多くなるでしょう。

相手が落ち込んで、「手堅くいこう・・・」と思っているようなときこそ、アナタがギアを上げるチャンスです。

 

2.試合の序盤

試合の序盤に、あえてギアを上げて入る、というのも良い作戦です。

ギアを上げる、と言っても自分がコントロール出来ないようなパワーやスピードで打つ、のでありません。

ポジションを前にして、ネットプレーを入れたりポーチに出たり、積極的に「動いていく」ということ。

リターンからのストレート、ロブ、もある意味ギアを上げた作戦ですよね。

序盤に相手の意表を突けば、きっと試合の中でずっと先手を取れるはずです。

 

3.長いラリーのポイントを取った後

「よし!!!」と思えるようなポイント、テニスではどんなポイントでしょう。

その一つは、「長いラリーを制した」ときじゃないでしょうか。

こんなときは、ダブルスでもシングルスでもぜひ、アナタ自身乗っていきたいところ。

相手が落ち込んでいるなら尚更、しっかりギアを上げてプレーの質を高めて更に落ち込んでもらいましょう。

 

4.1セットマッチなら、5ゲーム目のゲームポイント

1セットマッチなら、先に5ゲーム目を取りたい。

誰もがそう思いますよね。

そう考えると、4-4のときのゲームポイント、のような場面ではしっかりギアを上げたい。

当然相手も警戒して来ますが、ココのポイントを取り切れるプラン、オプションは、アナタのプレーにありますか?

漠然と「絶対取る!」ではなくて、具体的に準備する。

奇策に出るのか、ひたすら粘るのか・・・一度自分の中でイメージ、してみて下さい。

 

先ほども少し触れましたが、「ギアを上げる」のって、ボールのスピードを上げることとは少し違う。

ただ急に速く打つようにするのって、調整だけでも難しくないですか?

大事なのは、ポジショニング、配球、それから相手の癖を読んで逆を突く、ネットプレーを入れる・・・など、「やれば確実に実践は出来る」部分。

さぁ、どんなことが出来るか一度、自分なりに考えてみませんか?

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. ミックスダブルスの試合で、「女性を攻撃することが出来ない」男性は…
  2. ダブルスの試合のリターンゲーム、相手のファーストサーブとセカンド…
  3. テニスの試合の中で必要な、「相手が打ってくるコースを予測する」の…
  4. 全豪オープンベスト4のマクラクラン勉選手、シングルバックハンドリ…
  5. ダブルスの試合で実践すると有効な、「相手前衛の上を抜くロブ」の使…
  6. ダブルスの試合で覚えておくと使える、リターンパターン5つ
  7. テニスの試合で、相手の攻撃をサッとかわす守備を身に付けるコツ4つ…
  8. クレーコートシーズンに学びたい、クレーコートでのドロップショット…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP