戦術

ダブルスの試合のリターンゲーム、相手のファーストサーブとセカンドサーブでポジションを変えて攻撃力を高めよう!

ダブルスの試合、リターンゲームをどう攻略していくか・・・。

この問題について、しっかりポジショニングの観点から考えていきたいと思います。

ポジショニングを変える、だけなら誰にでも出来ますしミスが無い。

攻撃力を高めるために、ぜひ意識して欲しい基本ポイントです。

 

ダブルスの試合のリターンゲーム、相手のファーストサーブとセカンドサーブでポジションを変えて攻撃力を高めよう!

 

リターンするポジションも、1メートルは変えていこう!

相手のサーブをリターンするポジション、セカンドサーブならしっかり前にしておきたい。

ボールもファーストサーブほど伸びて来ないですし、後ろで待っていたら高い打点で叩けない。

しかも・・・ダブルスなら、相手前衛のポーチを警戒しないといけないというミッションまであります。

そう考えると、セカンドサーブではハッキリと前!でリターンしていくことが大事。

攻撃力を高めると共に、浅いボールとポーチをケアする守備的な要素も含まれていると思います。

 

リターン側の前衛も、ポジションを上げていければ効果的

最近のプロ選手のダブルスの試合を観ていると、相手のファーストサーブでは2人共後ろ、2バックの陣形もよく目にします。

ストロークが得意な選手が増えた・・・というのもありますが、セカンドサーブになるとサービスラインくらいまで前衛がポジションを上げていく。

皆さんの試合では、ファーストサーブからサービスライン付近、にリターン側の前衛が立つのが普通、でしょうか。

これがセカンドサーブとなると・・・どうでしょう、もっと前、にポジションを上げて良いと思います。

なぜなら、セカンドサーブではリターン側が優位に立てることが多いので、相手前衛に捕まらない可能性も高くその次のボールをしっかり攻撃していきたいから。

これは、ダブルスで並行陣を相手にしたリターンゲームでも、同じことが言えるのです。

 

並行陣を崩すのは、リターン側の前衛の役目です

リターン側の前衛の選手って、なかなかボールに絡めない・・・こと、無いですか?

そんな方ほど、しっかりポジションを前に上げていきましょう。

セカンドサーブのときは、1メートルくらいネットに近付いていく。

相手がサーブ&ボレーで並行陣を敷いてきたときに、気持ちよくファーストボレーをさせてはどんどんリターン側が苦しくなってくる。

ネットに近い位置に相手前衛がいる、だけでサーブ&ボレーってすごくやり辛い・・・ことないですか?

この崩しのきっかけは、良いリターンだけに頼ってはダメ。

しっかりリターン側の前衛が相手にプレッシャーをかける、ことを意識していかないとブレイクは難しいでしょう。

 

リターンのときのポジション、もっと皆さん改良出来ると思います。

サーブと違って、どこに立っても「フットフォルト」のような反則はありませんからね。

ぜひ、自分なりに工夫してセカンドサーブから攻撃力、高めていきましょう。

サーブが苦手そうな相手だったら、ファーストサーブから。

どんどん攻撃的なリターンゲーム、が展開出来ると思いますよ!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. 全豪オープンベスト4のマクラクラン勉選手、シングルバックハンドリ…
  2. テニスでよく使う用語「3種類回転の呼び方」について、基本から確認…
  3. ダブルス ダブルスの試合で後衛のポジションのときには、しっかり「ゲームメイ…
  4. テニスのダブルス基本戦術「雁行陣(がんこうじん)」について、抑え…
  5. 試合に勝てるダブルスペアが実践している「シンプルな戦術」5つ
  6. 「夫婦やカップルでミックスダブルスの試合に出たい!」方が意識した…
  7. ダブルス ダブルスの試合で必要な、「前衛」と「後衛」の基本的な考え方につい…
  8. テニスの試合で、相手の攻撃をサッとかわす守備を身に付けるコツ4つ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP