戦術

テニスの試合、「バックハンド狙い」の作戦は序盤に徹底してやっておこう!

テニスの試合、まず基本となるのはこの作戦。

そう、「バックハンド狙い」ですね。

試合に出ていれば誰もが試したり、試されたりしたこの「バック狙い」ですが、ポイントは序盤に徹底してやること、だと思います。

 

テニスの試合、「バックハンド狙い」の作戦は序盤に徹底してやっておこう!

 

試合の序盤は、「ハッキリした作戦」だと動きやすい

試合の最初って、なかなか緊張して思うようなプレー、出来ませんよね。

それは相手も同じ。

せめて、試合前に「序盤はコレでいこう!」というのがハッキリしていると、身体も自然に動いてくれる。

バックハンドを狙う、と決めて試合に入れば、迷い無くプレー出来ますからね。

もし、相手がバックハンドが得意な選手でも、慌てない。

試合の序盤、まずは自分で決めて準備してきた作戦を実行する、ことが大事だと思います。

 

序盤の「バック狙い」は、ジワジワ後半に効いてくる

相手のバック側をひたすら狙っても、なかなかミスしてくれない・・・こともあるでしょう。

でも、ここで落ち込んではいけません。

序盤にしっかりバックハンド側を狙っておけば、「この人はバックハンド狙いで来てるな・・・!」と、相手が感じてくれる。

そうなると意識がバックハンド側に寄るので、徐々にポジションもバックハンド側に寄って来るはず。

シングルスの試合では、顕著に現れるでしょう。

そうなったら、もうフォアハンド側の空いているコースを突いていく、のが中盤、後半で活きて来るので有効です!

 

「ハッキリ、どこかを狙う」ことで、心理戦が始まるのがテニス

作戦って、相手にバレても良い。

意識させて、逆側を使っていくから、作戦として活きてくるのだと思います。

バック狙いなんて、試合に慣れている人だったら毎回くらっているような作戦。

ですが、序盤にしつこくやられると、やっぱり受け身になるし嫌なもの、ですよ。

ほとんどの選手は、バックハンド狙いを少しだけやって、また普通のラリーに戻して・・・を繰り返すので、印象付けが甘い。

しっかり「バック側を狙われている」と相手が意識すれば、そこに隙が生まれる。

そこまで徹底してやれば、きっと試合に勝てるチャンスは拡がるはずです!

 

バックハンド狙いは、初心者にしか通じない?

そんなことはありません。

何かを狙う、ことでテニスって心理戦のヨーイドン!が始まる。

相手の狙いと、それを予測する相手との駆け引き、をぜひ楽しめるようになって下さい。

まずは試合の序盤に、ハッキリした作戦を徹底するのはオススメです!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. 全豪オープンベスト4のマクラクラン勉選手、シングルバックハンドリ…
  2. 「夫婦やカップルでミックスダブルスの試合に出たい!」方が意識した…
  3. 本当にテニスが上手い選手は、「ファインプレーを隠し続ける」から怖…
  4. テニスの試合で「ドロップショット」を入れていく戦術を使ってみよう…
  5. ダブルスの試合のリターンゲーム、相手のファーストサーブとセカンド…
  6. 試合に勝てるダブルスペアが実践している「シンプルな戦術」5つ
  7. 全豪オープンで注目したい、ハードコートでのロブの使い方
  8. ミックスダブルスの試合で、「女性を攻撃することが出来ない」男性は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP