戦術

テニスのダブルス基本戦術「雁行陣(がんこうじん)」について、抑えておきたいポイント5つ

テニスのダブルス基本戦術「雁行陣(がんこうじん)」について、抑えておきたいポイント5つ

 

1.前衛と後衛がハッキリしている

ソフトテニス経験の方でも、すんなり入っていける陣形。

それが雁行陣です。

前衛と後衛がハッキリ分かれていて、前衛はネット前、後衛はベースライン近くでストロークでゲームを作る。

基本的には後衛のクロスラリーの中で、前衛がポーチ(ボレー)で絡んでいくポイントが多くなります。

後衛はしっかりつなぐ、時にストレートにも展開するようなゲームメイク力が求められる陣形です。

 

2.後衛の前のスペースは狙われやすい

雁行陣の弱点、それは後衛の前のスペース。

前衛がカバーするのか、後衛が自分で前に走って拾うのかは、ある程度ハッキリさせておきましょう。

後衛が前に走ってカバーした後、そのまま前に残ってボレーで勝負するのか、後ろに戻るのか・・・を決めておくとスムーズです。

レベルが高い試合では、基本的にそのまま前に残って「並行陣」という陣形に移行していくことになります。

 

3.ストレートにロブで展開するケースが多い

後衛が厳しい、追い込まれたときにはストレート方向にロブで逃げる、ようなポイントも増えてきます。

前衛の後ろのスペースも、雁行陣では狙われやすい場所。

スマッシュを打てるなら前衛が打つ、打てなければ後衛がカバーに走りましょう。

そうなったときには、前衛と後衛がサイドをチェンジしてラリーを続ける。

変則的なポジションになるケースが多いのも、雁行陣の特徴です。

 

4.後衛のストローク勝負になるケースが多い

雁行陣を基本陣形として使うペアは、後衛のストローク力があるケースが多い。

クロスラリーで押されてばかりだと、自然と失点が増えてしまうので工夫が必要ですね。

そんなときには、例えばどんどん前衛がポーチに出たり、ストレートロブを使ったりしてクロス勝負を捨てることも大事。

まともに勝負しては厳しい、と気付く速さもテニスでは大事です。

 

5.前衛がどんどん参加する雁行陣は強い!

つい、前衛は「手の出しどころ」を探ってしまう。

そんなダブルスよりは、どんどんポーチに出て、積極的に2人でプレーする雁行陣ダブルスを目指していきたい。

待っていても、なかなか雁行陣では前衛にボールは飛んで来ない。

飛んで来たと思ったら、強烈なストレートアタック・・・になってしまわないように、どんどん前衛は飛び出していきましょう!

 

テニスのダブルスは、雁行陣が基本。

ですが、なかなかその基本を理解出来ている人は少ないように思います。

今回は試合で効果的なポイントを整理してみましたが、実際の試合ではもっと複雑な場面も増えてきます。

アナタなりに、基本を踏まえつつカスタマイズしていってみて下さいね。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. 全豪オープンで注目したい、ハードコートでのロブの使い方
  2. ダブルスの試合のリターンゲーム、相手のファーストサーブとセカンド…
  3. クレーコートシーズンに学びたい、クレーコートでのドロップショット…
  4. テニスの試合、「バックハンド狙い」の作戦は序盤に徹底してやってお…
  5. テニスの作戦って、「具体的にどんな準備をすれば良いのか分からない…
  6. ダブルスの試合で実践すると有効な、「相手前衛の上を抜くロブ」の使…
  7. テニスの試合、「最後に勝ち切るのは何で難しいんだろう・・・」と考…
  8. 試合に勝てるダブルスペアが実践している「シンプルな戦術」5つ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP