戦術

試合の中で「チャンスボールが決められない・・・」人に贈る、意識改革のアイデア4つ

試合の中で、チャンスボールが決まらない、決めることが出来ない・・・。

とお悩みの方は、何かを具体的に変えていかないといけない。

技術の進歩はもちろん大事、ですが、意識改革だけでも充分、試合で有効なショットが打てるようになると思いますよ。

 

試合の中で「チャンスボールが決められない・・・」人に贈る、意識改革のアイデア4つ

 

1.チャンスボールという言葉を消し去る

チャンスボールは、アナタが勝手に思っているだけ。

もしかしたら、傍から見たら全然チャンスじゃないし、「何でそんなに無理に攻撃するんだろう・・・」と思われているかも。

チャンスボールという言葉と決別して、あくまでラリーを継続していく意識が大事。

ラリーを続けていたら、結果的にポイントが獲れた、その中にもしかしたら「チャンスボール」のような甘い球があったかも知れない。

くらいの意識で、ちょうど良いでしょう。

 

2.いきなり「ペースアップ」しようとしない

ラリーの中で、チャンス、浅くて緩いようなボールが来ると、急に「ペースアップ」を求める人いませんか?

いきなりボールの球速を上げたり、直線的にしたりするのは、テニスにおいてはかなり高度な技術。

自分でチャンスボールを「難しく」している人、試合の現場では多いです。

もっと自然に、楽に打てる速度で決まるくらいまで追い込んでいくのが、勝てるテニスなはず。

急にスピードを求めるテニス、安定感に欠けるのでいつまで経っても自分でも計算出来ないテニス、でしょう。

 

3.相手からミスを引き出すのも、立派な決め方

自分のノータッチエース、で決まるのは気持ち良い。

でも、実際の試合ではそんなポイント少ないですよね。

相手を追い込んで、「無理をさせる」ことでアナタ側のポイントになることも多い。

これを、チャンスボールを決めた・・・と同じくらいに、価値があることだと思えるようになると、試合は楽しい。

実際に、得られる得点は同じですしね。

「相手に無理をしてもらおう」と考えると、ちょっとテニスが変わりませんか?

気持ち的には楽、になるはずです。

 

4.相手の逆を突くから、テニスではポイントが獲れる

チャンスを決めようと、コートの端、ライン際めがけて打っていく・・・テニス。

そのイメージに、きっとアナタの技量は追い付いていないでしょう。

コートのライン際を狙うよりも、相手の「逆」を突くテニスで充分にチャンスは決めることが出来る。

アナタ自身、相手に何か「印象付け」を出来ていればそれが大きな武器になる。

例えば、「この人、いつもバックハンドばっかり狙ってくるな・・・」と相手に思わせておけば、フォアハンド側に打てば相手は動けないから、エースになる。

チャンスを決めるのって、こっちの方がずっと楽、ですよね。

 

ちょっとした発想、の転換でチャンスボールは得点になる。

そして考えていくと、テニスの試合での「チャンス」の意識は変わるでしょう。

試合の中で、少しでも良いヒントになると嬉しいです。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. テニスの試合で「ドロップショット」を入れていく戦術を使ってみよう…
  2. ダブルスの試合で覚えておくと使える、リターンパターン5つ
  3. 試合に勝てるダブルスペアが実践している「シンプルな戦術」5つ
  4. テニスでよく使う用語「3種類回転の呼び方」について、基本から確認…
  5. ダブルスにおける「作戦会議」は、シンプルに前衛の動きから確認しま…
  6. ミックスダブルスの試合で、「女性を攻撃することが出来ない」男性は…
  7. ダブルスの試合で実践すると有効な、「相手前衛の上を抜くロブ」の使…
  8. テニスの試合で、リードしているのにいつもまくられてしまうのは・・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP