戦術

テニスの試合の中で必要な、「相手が打ってくるコースを予測する」のに必要な意識って?

テニスの試合の中で必要な、「相手が打ってくるコースを予測する」のに必要な意識って?

 

テニスはすごく、人間臭いスポーツだと思う

テニスってすごく、性格が現れると思いませんか?

皆さん始めたきっかけは人それぞれ、習った環境は違えど、必ず「その人らしさ」がテニスには宿っている。

打ち方も、配球も、考え方も本当に人それぞれですからね。

実際の試合では、「相手が、どういう性格で、何を考えているのか?」をちょっと意識してみて下さい。

きっと、打って来るコースの予測をするときに、「その人なりのテニス」を考えてみることが役に立つはずです。

 

自分のことより、対戦相手に興味津々になろう

試合が上手い人って、対戦相手に興味津々。

初めて会った人でも、すぐに性格を見抜いてテニスを見抜いていく、から予測の精度が高い。

「そんな人、いるの!?」と思うかも知れませんが、チェックするポイントが決まってるんですよね。

「こういうポジションの人は、きっとバックハンドが苦手だろう」

「この構えでは、ハイボレーはアウトしやすいはず」

みたいな感覚を、経験値として持っている。

もちろんテニスには経験も大事ですが、まずは対戦相手にしっかり興味を持って観察してみることが大事。

皆さん、自分のテニスでいっぱいいっぱい・・・になってはいませんか?

 

試合の序盤でプレッシャーをかければ、その人の本性が見えてくる

そこで、オススメの作戦はコレです。

試合の序盤で、ネットに出たりロブを上げたりして相手にプレッシャーをかけてみる。

そこで、「どういう対応をしてくるのか」を見て覚えておく。

試合の序盤、無意識のうちに反応してしまうテニスが、「その人らしいテニス」と思っておいて、間違いは少ない。

試合の後半に相手の特徴が分かっても、もう遅いですからね。

試合の序盤で相手を試験管に入れてみて、反応を観て、それを試合の後半で使う・・・くらいのイメージで良いでしょう!

 

なかなか試合になると、自分のテニスで一生懸命。

相手の特徴が気付く、予測出来るようになるのは試合の後半で・・・というのが、普通ですよね。

ちょっとだけ意識を変えると、もしかしたら勝てる相手も増えるかも知れない。

実力や経験、よりも意識改革だと思います。

相手のコースを予測するのは、何より観察する為の意識と準備が大事、ですね。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. ダブルスの試合で覚えておくと使える、リターンパターン5つ
  2. ダブルスの試合で実践すると有効な、「相手前衛の上を抜くロブ」の使…
  3. 本当にテニスが上手い選手は、「ファインプレーを隠し続ける」から怖…
  4. テニスの試合、「バックハンド狙い」の作戦は序盤に徹底してやってお…
  5. テニスの試合、「最後に勝ち切るのは何で難しいんだろう・・・」と考…
  6. ダブルス ダブルスの試合で後衛のポジションのときには、しっかり「ゲームメイ…
  7. クレーコートシーズンに学びたい、クレーコートでのドロップショット…
  8. 「夫婦やカップルでミックスダブルスの試合に出たい!」方が意識した…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP