戦術

ミックスダブルスの試合で、「女性を攻撃することが出来ない」男性はどうすれば良い・・・?

ミックスダブルスの試合で、「女性を攻撃することが出来ない」男性はどうすれば良い・・・?

 

ミックスダブルスのペアが険悪になるのは、大抵コレが原因

社会人になると、「ミックスダブルス」に出る機会が増える。

学生時代はほぼ、同性同士のダブルスの試合しか無かったのに、急に異性が味方になり、敵にもなる・・・ことに、戸惑う男性も多いはず。

女性からしても男性のサーブをリターンしたり、大変なことは多いのですが、ミックスダブルスの試合に慣れていない男性は、やっぱりなかなか相手の女性を攻撃出来ない。

攻撃出来ないと、味方の女性ペアから「ちゃんとやってよ!」というプレッシャーがかかる・・・まぁ、ミックスあるある、ですよね。

でも、優しい男性ほど女性に強く打てない。

甘く打っていると決まらないし、逆に上手い女性ペアだと反撃されて失点してしまうことも多い。

そうなると、益々味方の女性ペアから叱咤激励されて、もうパニック。

そうならないようにする為に、必要な意識って何でしょうか?

 

球威ではなくコースとテクニックで、真剣勝負を挑むのが一番

私の考えですが、まず女性に対しても男性は真剣勝負が基本。

それが試合であり、ミックスダブルスの醍醐味でもあります。

ただし、やっぱり速いボールは危ないし打つのが怖い、という方は「コースとテクニック」で女性に勝負を挑むことをお勧めします。

コントロールされたボール、スライスやスピンを駆使して女性を攻撃していけば、周りから観ても自然だしより確実にポイントが獲れる。

相手の女性も、やられて嫌な気持ちにはならないはずです。

むしろ、コースやテクニックで攻撃されるテニスは女子ダブルスの試合にも近いし、成長につながる。

女性を攻撃しない、のではなく「遅いボールやスライス、ドロップ系のショット」を上手く使うことでミックスダブルスは強くなる。

きっと男性であるアナタのテニスも、成長していけるはずです

 

テニススクールで女性相手に手を抜いている人は、こういう時に苦労する

よく上級クラスで、「女性相手に手抜きをする男性」の生徒さん、いませんか?

きっとそういう人って、こういう試合で苦労するんですよね。

女性相手に真剣にテニスが出来ない、「コースやテクニックを丁寧に使うテニス」が練習出来ていない人は、ミックスダブルスで女性を攻撃出来ない。

速いボールだけのテニス、なんて結局男子ダブルスでも勝てないし、ミックスダブルスでは使えない。

それって、悲しくないですか?

テニススクールのような男女でテニスをする場こそ、男性プレイヤーの皆さんはもっと大事にして欲しい。

きっと自分のテニスの幅を広げていく、良い場になるはずですので。

 

ミックスダブルスの女性狙い、って単純じゃない。

強いペアほど狙われることに女性も慣れているし、守備力も高い。

速いボールすら、簡単に守備してカウンターを繰り出してくるでしょう。

コースとコントロールで勝負出来るテニス、の幅がアナタにどれくらいあるでしょうか?

きっとミックスダブルスの試合には、たくさんにヒントがあるはずです。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. テニスの試合で「ドロップショット」を入れていく戦術を使ってみよう…
  2. ダブルス ダブルスの試合で後衛のポジションのときには、しっかり「ゲームメイ…
  3. ダブルス ダブルスの試合で必要な、「前衛」と「後衛」の基本的な考え方につい…
  4. 全豪オープンで注目したい、ハードコートでのロブの使い方
  5. 試合に勝てるダブルスペアが実践している「シンプルな戦術」5つ
  6. テニスの試合で、「ギアを上げて攻撃していきたい」タイミング4つ
  7. テニスでよく使う用語「3種類回転の呼び方」について、基本から確認…
  8. 試合の中で「チャンスボールが決められない・・・」人に贈る、意識改…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP