戦術

ダブルスの試合で覚えておくと使える、リターンパターン5つ

ダブルスの試合で覚えておくと使える、リターンパターン5つ

 

1.ストレートロブ

相手前衛の頭の上を狙って、高い軌道で打って後衛を走らせる。

ダブルスでも基本のリターンの一つ、ですよね。

女子ダブルスの試合で観る機会が多いと思いますが、男性の方でも厳しいサーブに対抗するのには必要なショット。

スライスでしっかりブロック、して打てるように練習しておきましょう。

相手前衛に触られてもOK、後ろに下げさせてスマッシュやハイボレーを打たせる、くらいの感覚で良いと思います。

 

2.ストレートロブ(中ロブバージョン)

1.より少し余裕があるときには、低めのロブで相手前衛の頭上を狙ってみましょう。

スライスよりは順回転、軽いスピン系のボールが打てると相手の後衛は追い付けない、最高のリターンになります。

コツは、ラケットワークもそうですがしっかり前のポジションでリターンすること。

相手前衛と近い距離、でリターン出来ると低いロブでも抜ける可能性が高くなります。

非常に実戦向き、な攻撃的なロブリターンでしょう。

 

3.クロス方向に浅目のリターン

ドロップショット・・・とまでいかなくても、スライスで少し浅目にクロス方向に返球する。

このリターンが打てると、雁行陣を得意とする若い学生ペアにも対抗出来る、良いリターンのパターンになります。

コツは、2.で書いた通りしっかり前に入ってリターンすること。

サービスラインとベースラインの間、くらいに立ってセカンドサーブから攻撃していく、意識を持ってトライしてみましょう。

 

4.クロス方向へ軌道の高いリターン

主に「ポーチで騒がしい前衛」がいるときに、一旦しっかり後衛に返球するリターン。

リズムを作る為に、しっかり高い軌道でクロスに返球、前衛の身長にもよりますが、ハッキリ高めの軌道にして相手の「攻撃的な意欲」を削ぐのが目的。

守備的なリターンのようですが、しっかりスピン回転がかかると相手後衛も深く入って高く弾む、返球し辛いショットになるはずです。

リターンでは小手先で合わせにいくのではなく、しっかりラケットは前にフォロースルーを取っていく、ただしテイクバックは小さめ、で打ってみて下さい。

 

5.普通のスピードでストレートアタック

ダブルスでの攻撃的なリターン、の代表格ストレートアタックですが、あくまで「いつものストローク」を意識したいところ。

力んで抜こうとしても、ネットにかかるかサイドアウト、が落ちでしょう。

いつも通りのスピードでも、相手前衛が動いていれば効果的だし、よほど浮いたボールにならなければミスも誘える。

ストレートアタックは、平常心でいつもの速度で。

この意識でだいぶ楽に打てると思いますよ。

 

リターン巧者は、試合上手。

きっと基本に忠実にクロスのリターン、はみなさん得意なはず。

でも・・・相手が強くなればなるほど、そのクロスのリターンは前衛の餌食になってしまう。

相手前衛との駆け引きで負けない為にも、しっかりリターンのバリエーションは増やしておきましょう!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. ダブルスにおける「作戦会議」は、シンプルに前衛の動きから確認しま…
  2. ダブルスの試合で実践すると有効な、「相手前衛の上を抜くロブ」の使…
  3. クレーコートシーズンに学びたい、クレーコートでのドロップショット…
  4. 本当にテニスが上手い選手は、「ファインプレーを隠し続ける」から怖…
  5. テニスの試合、「バックハンド狙い」の作戦は序盤に徹底してやってお…
  6. テニスの試合で、リードしているのにいつもまくられてしまうのは・・…
  7. テニスでよく使う用語「3種類回転の呼び方」について、基本から確認…
  8. テニスの試合で、相手の攻撃をサッとかわす守備を身に付けるコツ4つ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP