戦術

ダブルスの試合で必要な、「前衛」と「後衛」の基本的な考え方について

ダブルスの試合で必要な、「前衛」と「後衛」の基本的な考え方について

 

硬式テニスは「前衛」と「後衛」を両方やらないといけない競技

ソフトテニスですと、どちらかの「専門職」でOK。

ですが硬式テニスでは、両方をしっかりこなす能力が求められます。

前衛と後衛、なんとなくサーブやリターンをする選手が後衛で、その前にいる選手が前衛、みたいな感じだと思います。

しっかりと役割を考えておけば、自分のやるべきことも見えてきますよね。

もちろん実際の試合では対戦相手のレベルに応じてカスタマイズが必要ですが、大事なのは「責任感の意識」です。

 

前衛は攻撃の優先権がある「ポイントゲッター」

サッカーで言えばフォワード、バレーならスパイカー、とにかく得点を取ることが求められるのが「前衛」です。

でも実際のダブルスの試合を観ていると、あまりラリーに参加できていない前衛の方も多いですよね。

攻撃の優先権、があるのに使えないのはどこか「後衛任せ」になっているから、チャンスを待っているから。

後衛がよほど協力なサーブやリターン、ストロークを持っていない限り、なかなか前衛にハッキリしたチャンスなんて来ないでしょう。

もっと「自分から触りにいく、ラリーに絡んでいく」ような責任感が前衛には欲しい。

もちろん得点を取ることが前衛の役割ですが、動くことで相手がミスをしてポイントになるケースも多い。

これもダブルスでの立派なポイントゲッターとしての仕事、です。

 

後衛の選手はコート上の4人を操る「ゲームメイカー」

では、後衛の選手はどうでしょう。

ポジション的に、自分の味方の前衛も、相手の前衛、後衛もよく見えるポジションなはず。

全体をコントロールしながら、ラリーを操作してポイントの流れを作るゲームメイカーとしての役割が求められます。

「何だか難しそう・・・」と思った方も多いと思いますが、まずはしっかり相手後衛とストロークラリーを粘り強く。

そして押されて厳しいときには相手前衛の上にロブを打ったり、前に出てボレー、並行陣に持ち込んだりして陣形を変えていく。

コート全体を見ながら、自分の中で「使える武器」を選択してコントロールしていく後衛だと、きっと試合は楽に運べるはず。

独りよがりにバコバコ打って後衛がミスしているだけだと、ダブルスの試合は勝てません。

 

前衛向きな人、後衛向きな人。

実際はテニスプレイヤーの中でも分かれてしまうかも知れません。

ですが、まだまだアナタ自身、自分を「こっちだ!」と決めつけるのは早過ぎると思います。

得意なポジションはあって良いけど、苦手を作ってもテニスの試合では苦しくなる。

少しだけ意識して、練習してみて下さい!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. テニスの試合、「最後に勝ち切るのは何で難しいんだろう・・・」と考…
  2. 全豪オープンベスト4のマクラクラン勉選手、シングルバックハンドリ…
  3. 改めて確認・準備しておきたい、「ダブルスの試合でポーチに出る」心…
  4. クレーコートシーズンに学びたい、クレーコートでのドロップショット…
  5. ダブルスの試合で実践すると有効な、「相手前衛の上を抜くロブ」の使…
  6. ダブルスにおける「作戦会議」は、シンプルに前衛の動きから確認しま…
  7. テニスの試合の中で必要な、「相手が打ってくるコースを予測する」の…
  8. ミックスダブルスの試合で、「女性を攻撃することが出来ない」男性は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP