戦術

ダブルスの試合で実践すると有効な、「相手前衛の上を抜くロブ」の使い方について

ダブルスの試合で実践すると有効な、「相手前衛の上を抜くロブ」の使い方について

 

相手前衛の頭の上を狙うときには・・・

ダブルスの試合、相手の前衛が気になるとなかなかクロスラリーも、ままならないですよね。

かといって、ストレートにドーン!と打つのもちょっと勇気が要るし、ミスも怖い。

そんなときにオススメなのが、やっぱりロブ、です。

ストレート方向にリターンからロブを打てると、相手の前衛は「後ろ」に意識がいきますのでなかなかポーチに飛び込んだり、積極的なプレーが出来なくなってくる。

上を狙うときに意識してもらいたいポイントとしては

・前衛に触られてもOK

・出来れば、バックハンド側に上げてみる

・ボレーのグリップで、コンパクトに打ってみる

のような感じです。

 

ボレーに近い感覚で、ラケット面だけ作って打ってみる

ロブを打つ時に、最初のうちは相手にバレて良いと思います。

普段スピン系のストロークを打っている人も、ロブのときにはスライス、という感じでOK。

本当はバレないように打てると良いのですが、無理やり隠そうとしても上手くいかない。

バレても良いので、丁寧にラケット面だけ作って、ボールが飛び出す角度を調整してみましょう。

しっかりコントロール、がまずは基本です。

 

ロブは決して「おじさんおばさんのショット」じゃない!

学生の皆さんは、結構ロブに対して抵抗感があるようです。

ストロークのクロスラリーで押していきたい、ストレートもロブじゃなくて打ち抜きたい・・・みたいな感じで。

でも、なかなかその2種類の戦法だけでは勝つのは難しいですよね。

しっかりしたストロークがあるなら、尚更ロブのようなアクセントを付けることが試合での勝ちにつながるはず。

おじさん、おばさんのショット、だと勘違いしている人は、おじさん、おばさんペアにやられていってしまいます。

学生の皆さんこそ、真剣に取り組んで欲しいショットがロブ、です。

 

すごくサーブが速い、強い相手と対戦したときにも、ロブがあると便利。

ロブという選択肢が無い人は、結構リターン厳しいと思います。

相手前衛に触られても良い、とにかくまずは試合の序盤にロブ、を使っていきましょう!

ダブルスの勝率、上がると思いますよ。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. ダブルス ダブルスの試合で必要な、「前衛」と「後衛」の基本的な考え方につい…
  2. ダブルス ダブルスの試合で後衛のポジションのときには、しっかり「ゲームメイ…
  3. テニスの試合で、「ギアを上げて攻撃していきたい」タイミング4つ
  4. テニスでよく使う用語「3種類回転の呼び方」について、基本から確認…
  5. 改めて確認・準備しておきたい、「ダブルスの試合でポーチに出る」心…
  6. 「夫婦やカップルでミックスダブルスの試合に出たい!」方が意識した…
  7. 全豪オープンベスト4のマクラクラン勉選手、シングルバックハンドリ…
  8. テニスの試合の中で必要な、「相手が打ってくるコースを予測する」の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP