戦術

テニスでよく使う用語「3種類回転の呼び方」について、基本から確認しておきましょう

 

テニスでよく使う用語「3種類回転の呼び方」について、基本から確認しておきましょう

 

テニスでは大きく分けて3種類の回転の種類がある

 

・フラット

回転の種類、ということでしたが、こちらは「無回転」に近い球種。

ですが実際のフラットサーブ、フラットストローク、も少しは回転しながら飛んでいるボールになります。

球速が速い、回転量が少ないスピンやスライスも、「フラット」という呼び方をしているケースも多いので、紛らわしいのですが注意してみて下さい。

一般的には若くて筋力がある学生、男性プレイヤーが得意にしていて、エースを狙うのには適した球種です。

安定感には少し欠ける部分もありますので、緊張した場面でのコントロールにはかなりの技術が必要。

初心者の方でもストロークやサーブが「フラット」気味になっていると、テニススクールでも直されることが多いかも知れません。

攻撃力があり相手にプレッシャーをかけることが出来るショットですが、使い方には気を付けないといけない球種でもあります。

 

・スピン

現代テニスにおいて、恐らくサーブやストロークで最も使用頻度が高い球種。

相手方向に向かって縦回転、でボールが回転しながら飛んでいくので、空中で大きく沈むように変化しバウンド後も威力が落ちない。

ハードコートでは大きく弾むような軌道、になる非常に有効なショットです。

主に男性が厚いグリップで打つイメージが強いかも知れませんが、正しく打点を前に設定出来れば女性でも楽に打つことが出来ます。

実際の試合では、回転量の多さも調整出来ると滞空時間もコントロール出来るのが魅力。

例えばボレーヤーの足元に沈めるようなスピン系のストロークは、回転量を増やして「遅い」ボールが打てると相手は非常に返球し辛いはず。

また自分が打った後にコートカバーに走る為にも、遅いボールが必要なときもありますよね。

スピン系のショットはシングルス、ダブルスでも大活躍です。

 

・スライス

主にサーブで大活躍の回転。

回転の向きがスピンと逆、になりますが、縦回転だけでなく「横回転」も、テニスではスライスと呼ぶ機会が多いです。

サーブでは横回転でバウンド後に滑らせるスライスサーブ、一般の方やサウスポーの方が得意にしてますが、あまり力を使わないでも操れるのが魅力。

サーブ以外では、ボレーでも威力を発揮します。

レベルが高いテニスの試合になると、ボレーには良いスライス回転がかかっている。

スライス回転をかけることでボレーが安定してコートに収まり、しかもバウンド後に滑って相手の打点を低く出来る。

初心者の方は、まずこのスライスのボレーやストローク、の返球に苦戦するはずです。

「ボールが跳ねると思っていたら・・・跳ねない!」という経験、皆さんも無いですか?

 

フラット、スピン、スライス。

皆さんもしっかり、サーブとストローク、ボレーで打ち分けられると試合が楽しくなります。

どれか一つしか使えないと・・・本当の試合では、かなり弱点になってしまうと思っておいた方が良いと思います。

どんどん新しい技術、身に付けていきましょう!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. ダブルス ダブルスの試合で必要な、「前衛」と「後衛」の基本的な考え方につい…
  2. 「夫婦やカップルでミックスダブルスの試合に出たい!」方が意識した…
  3. 試合に勝てるダブルスペアが実践している「シンプルな戦術」5つ
  4. ミックスダブルスの試合で、「女性を攻撃することが出来ない」男性は…
  5. テニスの作戦って、「具体的にどんな準備をすれば良いのか分からない…
  6. テニスの試合で、リードしているのにいつもまくられてしまうのは・・…
  7. 改めて確認・準備しておきたい、「ダブルスの試合でポーチに出る」心…
  8. テニスの試合で、相手の攻撃をサッとかわす守備を身に付けるコツ4つ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP