戦術

テニスの試合で「ドロップショット」を入れていく戦術を使ってみよう

テニスの試合で「ドロップショット」を入れていく戦術を使ってみよう

 

「ドロップショット」の戦術は、誰でも出来る!

「えっ、難しそう・・・」と思った方、少し誤解しているかも知れません。

テニスの試合では、ドロップショットと呼ばれる「前に落とすショット」の戦術は必須です。

なぜなら、アナタの試合相手は「ストロークの鬼」のような選手かも知れない。

テニスでは相手を「前」に引っ張り出すことは出来るのです。

そう、エースにならなくたって全然OK!

華麗にエースをドロップショットで決めようと考えているから、難しくなるのです。

 

相手に触らせて、その次のパターンを考えておこう

大事なのは、相手にドロップショットを拾わせて、次にどうするか。

相手を前に出させたら、当然後ろのスペースが空いていますのでシングルスではロブをセットに準備したい。

ダブルスの試合なら、ペアがどうカバーするのかも冷静に観て、配球を考えたいですよね。

その大前提として、ドロップショットを打ったらアナタ自身も前にしっかり走るということ。

ドロップショットを拾う為に前に走った相手は、そのまま「ドロップショット返し」で前に落とすのを狙っているはず。

これを許さないようなポジショニング、アナタには必要です!

 

打つタイミングは、浅いチャンスボールを打ち込む時

まずオススメなのは、浅いボールを打ち込めるようなタイミング。

相手は強打してくると思って下がって待っていることが多いし、打点が高いとドロップショットも打ちやすい。

ポイントは、しっかり強打するような構えで相手を騙すこと。

錦織選手も、フォアハンドで回り込んだ後にスライスでのドロップショット、というパターンが多いですよね。

演技力、それからタイミング。

ドロップショットは打つタイミングさえ掴めば、技術的には決して難しくありません。

 

上級者の技、だと思っているともったいない!

みんな最初は失敗しながら、相手の反撃を喰らいながら、ドロップショットを磨いていったんです。

いつ打つのか、というタイミングと、相手に拾わせた後の戦術を考えておけばOK。

どんどん試合で使っていきましょう。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. テニスのダブルス基本戦術「雁行陣(がんこうじん)」について、抑え…
  2. テニスの試合で、リードしているのにいつもまくられてしまうのは・・…
  3. テニスの試合で、相手の攻撃をサッとかわす守備を身に付けるコツ4つ…
  4. ミックスダブルスの試合で、「女性を攻撃することが出来ない」男性は…
  5. ダブルス ダブルスの試合で必要な、「前衛」と「後衛」の基本的な考え方につい…
  6. テニスの試合で、「ギアを上げて攻撃していきたい」タイミング4つ
  7. テニスでよく使う用語「3種類回転の呼び方」について、基本から確認…
  8. 全豪オープンで注目したい、ハードコートでのロブの使い方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP