戦術

テニスの作戦って、「具体的にどんな準備をすれば良いのか分からない・・・」という人に4つのヒント

テニスの作戦って、「具体的にどんな準備をすれば良いのか分からない・・・」という人に4つのヒント

 

1.作戦は相手によって変わる

事前に作戦を準備しよう!と思っても、対戦相手によって実は結構変わる。

めちゃくちゃ格上で強い相手か、または実力的に劣る相手なのか・・・色々やってみないと分からない部分が多いですよね。

ですので、まずは作戦として「試合の序盤で相手を観察する」ことが大事。

相手をしっかり観察出来て、自分が出来るテニス、武器で対抗していけばそれで良いのです。

 

2.自分の武器を確認しておく

1.で色々なショットを打たせてみたり、ストロークだけじゃなくてボレーもさせてみて、相手を前後に動かしてみる。

そして、「何となく、バックボレーは苦手そうだな・・・」とか気付いたら、どんどん前におびき出してみましょう。

アナタの武器として、ドロップショットがあると上記の作戦が実行出来ますよね。

一度自分自身で、「テニスで出来ること」「打てるショット」を書き出してみましょう。

ちょっとでも出来る、と思ったことは「出来る」で書いてOK。

武器を整理しておくことこそ、作戦の一番大事なポイントです。

 

3.ダブルスならサーブの順番とリターンのサイドは決めておく

ダブルスなら、最初にどちらからサーブを打つのか、リターンのサイドはどちらか、は事前に決めておきましょう。

サーブが得意な人からサーブ、というのが理想ですが、それもなかなか難しい。

であれば、太陽がまぶしい側をどちらが打つのか、前衛が得意ならその選手を先に前衛でプレーさせてあげる、等の考え方もあります。

ダブルスでは4人が順番にサーブを打つので、最初のサービスゲームで出来るだけ得意な形にして、少しでも多くを最初のサービスゲームの形で進められるようにしましょう。

リターンのサイドは、色々要素はありますがセンターのコースのサーブ、をフォアハンド、バックハンドで打ちやすい方を優先するのがオススメ。

または左利きの方であれば、アドバンテージサイドの方が得意、などあるかも知れませんね。

よくペアで話し合ってみましょう。

 

4.とにかく一度紙に書いてみる

テニスノートがあれば、テニスノートに一度書き出してみましょう。

先ほど書いた武器、そしてダブルスなら順番とサイド、何でもOK。

頭の中で考えることは、実は準備でも何でも無い。

目に見えるような形にしてこそ、テニスではイメージしやすいし実際の試合で活きる作戦になるのです。

 

書き出しておけば、試合後にも確認出来ますよね。

自分の準備、どこが足りなかったのか、それから当たったのか。

テニスの試合は、こういったトライ&エラーの繰り返しです。

レベルに限らず、どんどん作戦を準備して試合に出てみましょう。

それが一番の、アナタのヒントになるはずです。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. 「夫婦やカップルでミックスダブルスの試合に出たい!」方が意識した…
  2. ダブルスの試合で実践すると有効な、「相手前衛の上を抜くロブ」の使…
  3. 全豪オープンで注目したい、ハードコートでのロブの使い方
  4. テニスの試合、「バックハンド狙い」の作戦は序盤に徹底してやってお…
  5. 試合に勝てるダブルスペアが実践している「シンプルな戦術」5つ
  6. ダブルスにおける「作戦会議」は、シンプルに前衛の動きから確認しま…
  7. テニスのダブルス基本戦術「雁行陣(がんこうじん)」について、抑え…
  8. 試合の中で「チャンスボールが決められない・・・」人に贈る、意識改…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP