戦術

全豪オープンで注目したい、ハードコートでのロブの使い方

ハードコートでの試合。

みなさんは、ロブの使い方ってどのあたりを意識していますか?

オムニコートに比べて、バウンドが高く弾む・・・のは分かってるけど、具体的にどう変えていけば良いのか。

全豪オープンをきっかけに、考えてみませんか?

 

全豪オープンで注目したい、ハードコートでのロブの使い方

 

1.ハードコートは、動きやすい!

あまり意識されていませんが、実はハードコートは動きやすい。

オムニコートやクレーコートよりも、ボールを追いかけやすい、と思っておいて良いでしょう。

ハードコートはその名の通りコートが固く、反発力が強い。

コートをキックして素早く下がることが出来るので、中途半端なロブでは反撃されてしまう。

だからこそ、この発想は逆に使ってみませんか?

そう、フットワークが良いからこそ、人は「触れる」と信じて動いてしまうんです。

 

2.相手を下がらせる手段、としてロブを使おう!

そう、ロブで抜こうと思うと、相手に追い付かれてしまう。

そして、それを避けようとして、無理してアウトしてしまう。

だからこそ、相手を下げる手段としてロブを使う、触らせるくらいの意識で打っていきましょう。

相手を下げることが出来れば、大成功。

その後は、足元に打って前に出るなど、攻撃していけば良い。

ロブ単独でポイントを取る、と思うと厳しくなる。

ハードコートでは、相手のフットワーク力がアップする。

そう考えて、準備しておきましょう!

 

3.トップスピンロブの威力は、倍増する

ハードコートは、ボールがよく弾む。

だからこそ、相手コートにバウンドさせることも、トップスピンロブの有効な使い方になりますね。

例えばダブルスの雁行陣を崩すストレートロブも、意識してトップスピンで打ってみると、どうでしょう?

相手後衛がカバーに走っても、打点が前に取り辛い。

差し込まれたような感じ、になってアナタのチャンスになる。

トップスピンロブ、だからと言って強引に回転をかける必要は無いでしょう。

順回転、いつものストロークを高い軌道で打つくらいの感覚、でちょうど良い。

私はそう思いますよ。

 

4.もしも、自分がロブを打たれたら・・・?

ハードコートでは、しっかりスマッシュを打つ。

これに尽きます。

ハードコートではフットワークを活かせる、自分がいつもよりも速く動けるし、最後のジャンプもやりやすい。

自信を持って、「スマッシュが有利なんだ!」と思って欲しい。

自分はロブを積極的に使いながら、打たれた時には積極的にスマッシュを打ちにいく。

この姿勢を準備して臨むだけで、きっと結果は変わって来るでしょう。

 

ロブの使い方って、あまり普段意識しないですよね。

ましてや、サーフェスごとの違いなんて・・・。

でも、ハードコートでは、明らかに戦い方が違うと考えて損は無い。

全豪オープン、そんな視点で見てみても面白いと思いますよ!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. クレーコートシーズンに学びたい、クレーコートでのドロップショット…
  2. テニスの試合の中で必要な、「相手が打ってくるコースを予測する」の…
  3. ダブルス ダブルスの試合で必要な、「前衛」と「後衛」の基本的な考え方につい…
  4. テニスのダブルス基本戦術「雁行陣(がんこうじん)」について、抑え…
  5. ミックスダブルスの試合で、「女性を攻撃することが出来ない」男性は…
  6. テニスの試合、「バックハンド狙い」の作戦は序盤に徹底してやってお…
  7. テニスの試合で、相手の攻撃をサッとかわす守備を身に付けるコツ4つ…
  8. 試合に勝てるダブルスペアが実践している「シンプルな戦術」5つ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP