戦術

改めて確認・準備しておきたい、「ダブルスの試合でポーチに出る」心得5つ

ダブルスの試合が終わった後に、「もっと前衛で、出れば良かった・・・」と、思い出して後悔すること。

真剣勝負の試合では、皆さんも経験、多いですよね。

改めて、今回は「動ける前衛」になる為の心得を確認しておきましょう!

 

改めて確認・準備しておきたい、「ダブルスの試合でポーチに出る」心得5つ

 

1.ストレートケアは「逃げ」である

あえて、この言葉から。

もちろん、作戦として必要なときはあります。

相手によってはガンガンストレート、にリターンが来るときもありますからね。

でも、やっぱりストレートケアって逃げ、なんですよ。

自分は参加しない、お任せ、という雰囲気が強くなる。

どこかでストレートを捨てて、思い切る勇気を持ちましょう。

 

2.確率論で考える

どう考えても、リターンはクロスが多い・・・と、感じたら。

それはもう、ポーチに出るしかないでしょう。

相手はクロスのリターン、攻撃に自信を持っている訳ですから、前衛が触らないと結果は目に見えている。

だからこそ、試合前から「クロスが続けば、出る!」と決めておく。

きっと後衛のパートナーも、そんな積極的な助けを望んでいるはずです。

 

3.ポーチ1発で決めなくても良い

自分で自分にプレッシャーをかけても、それは試合の中で仇となるだけ。

1発で決めても、そこから崩して決めても、テニスでは同じ得点が入ります。

だからこそ、まずは触って相手にプレッシャーをかける、その中で後衛も加勢して仕留めていく。

強いダブルスって、意外と無理せずポーチから得点してますよね。

考え方の準備って、大事です。

 

4.サーバーを活かすのは自分、という意識

やっぱり一番のポーチのポイントは、サーブの後のリターン。

だからこそ、「次はセンターに打ってくれれば、絶対に出るから!」とパートナーにも言えるはず。

サーバーを活かすのは自分、という意識を強く持ちましょう。

この意識が希薄だと、「まぁ、良いサーブが入ったら出るか・・・」みたいな感じになっていくはず。

そんなペアは、格上相手にキープなんて出来ません。

 

5.「基本は、全て出る」くらいのつもりでいく

これは、特に強い相手と対戦するときに、私が意識していること。

「ポーチに出るポイント」があるんじゃなくて、「出ないポイント」を決める。

だから基本は、「全て出る」になるんですね。

そこから相手が警戒して、ストレートへの展開が増えれば作戦変更。

その時には、もうアナタのペースで試合が進んでいるはずです!

 

技術よりも意識、そこに技術が付いて来る。

まずはどんどん、試合の中で積極的に出ていきましょう。

失敗してもポーチに出て来る前衛、やっぱり嫌じゃないですか。

試合の中で、特に格上選手と対戦する時こそ、強く意識して準備していきましょう。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. テニスの作戦って、「具体的にどんな準備をすれば良いのか分からない…
  2. 試合の中で「チャンスボールが決められない・・・」人に贈る、意識改…
  3. ダブルス ダブルスの試合で必要な、「前衛」と「後衛」の基本的な考え方につい…
  4. テニスの試合で、「ギアを上げて攻撃していきたい」タイミング4つ
  5. ダブルスの試合で覚えておくと使える、リターンパターン5つ
  6. 本当にテニスが上手い選手は、「ファインプレーを隠し続ける」から怖…
  7. テニスの試合の中で必要な、「相手が打ってくるコースを予測する」の…
  8. テニスの試合、「バックハンド狙い」の作戦は序盤に徹底してやってお…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP