戦術

試合に勝てるダブルスペアが実践している「シンプルな戦術」5つ

試合に勝てるダブルスペアが実践している「シンプルな戦術」5つ

 

1.リターンのコースを事前に決める

本来ならサーブのコースをしっかり打ち分けて・・・が理想ですが、難しい人はまずリターンから。

ストレートかクロス、またはロブかなど、はっきりペアに共有しておきましょう。

ファーストサーブは厳しいので返すだけ、でもOK。

とにかく味方のペアに伝えて、フォローしてもらうようにしましょう。

 

2.ポイント間に会話する

戦術以前の話ですが、テニスはポイント間に時間を取れる。

ここで作戦を確認する、みたいな大げさな話ではなくまず会話してみましょう。

「あの人のストロークすごいね・・・でも、ボレーは苦手そうだね」

みたいな感じでOK。

小さいことでも会話で共有しておけば、弱点を2人で発見出来る可能性が高まります。

 

3.ペアとして狙いを絞る

ダブルスの試合、ペアとして相手のどのあたりを狙っていくのか。

ストロークが得意な相手に深く打っても、それは相手の望むところ。

むしろいかに、前に引っ張り出してボレー戦に持ち込むか、を考えることが大事ですよね。

片方の選手を狙うも良し、2人で前に出て並行陣を作るのも良し、とにかくペアでの狙いをハッキリさせていくのが、戦術の基本です。

 

4.守備は「作戦勝ち」の基本

戦術や作戦、と聞くとつい攻撃に目がいきがちですが、実は守備の方が大事。

守備は戦術的に準備がしやすい、しかも試合で差となって現れやすいのです。

顕著なのが、センター=2人の間のボールをどちらがカバーするのか、ですよね。

フォアハンド側が取るのか、基本的に後衛に任せるのかなど、自分たちのペアの守備の形を確認しておくと良いでしょう。

 

5.「ここだ!」という場面で一緒にギアを上げる

例えば4-3でリードして、30-30の場面。

こんな場面では、間違いなく「試合の流れを決める一手」が求められます。

5-3に出来れば、かなり勝利に近付ける。

そんな意識を、しっかりペアで確認しておくことが大事。

片方の選手だけが「大事なポイント」という意識では、ペアとしての強さをピンポイントで発揮出来ない。

しっかりポイント間、チェンジコート間での会話を意識して、ギアを上げるタイミングを合わせましょう。

 

テニスは難しいスポーツ、戦術、作戦から成り立っている・・・のは事実ですが、もっと楽に考えても良いと思います。

試合を進めていく中で、大事なのは現場で確認して現場で対応していくこと。

その為のベースとなる考え方に、お役立て頂ければ嬉しいです!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. ダブルス ダブルスの試合で後衛のポジションのときには、しっかり「ゲームメイ…
  2. テニスの試合、「最後に勝ち切るのは何で難しいんだろう・・・」と考…
  3. テニスの試合で「ドロップショット」を入れていく戦術を使ってみよう…
  4. 全豪オープンベスト4のマクラクラン勉選手、シングルバックハンドリ…
  5. 改めて確認・準備しておきたい、「ダブルスの試合でポーチに出る」心…
  6. 全豪オープンで注目したい、ハードコートでのロブの使い方
  7. 試合の中で「チャンスボールが決められない・・・」人に贈る、意識改…
  8. 本当にテニスが上手い選手は、「ファインプレーを隠し続ける」から怖…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP