ストローク

自分のストロークに「威圧感が足りない・・・」と感じている人に、試して欲しい4つのこと

皆さんはご自分のストロークに、どんな評価を持っているでしょうか?

安定感はあるけど、相手の脅威にはなっていないような・・・威圧感がもっと欲しい、という方、多いと思います。

今回は、ストロークの基本である準備やテイクバック、に焦点を当てて考えてみたいと思います。

ちょっとした準備や構えを変えるだけで、ストロークの威圧感は、作れます!

 

自分のストロークに「威圧感が足りない・・・」と感じている人に、試して欲しい4つのこと

 

1.構えを早くする

基本中の基本、ですが、コレが一番大事。

威圧感があるストロークって、「どこにでも打てそう」という雰囲気ありますよね。

そんなストロークは、相手が速いテイクバックでしっかり足も止まって、先回りされているはず。

構えを早く、相手が打った瞬間にテイクバックをして打点に先回り。

これは、遅いボールほど怠けてしまいがちですが、ボールの遅さに合わせず先回り、することが大事です!

 

2.高い位置にテイクバック

アナタのテイクバック、もしかしたら「高さ」が足りないかも知れません。

思っている以上に、ラケットは高く構えて良い。

そこからラケットダウン、でパワーを与える意味合いもありますが、顔より高い位置にラケットをテイクバックすることで「威圧感」が生まれると思いませんか?

ストロークが強い選手は、テイクバックにも高さがある。

高い打点とも相性が良いですし、一度構える高さを見直してみるのはオススメします。

 

3.後ろに下がらない

ポジションをずるずる下げてしまう人、ベースライン後方でのプレーばかりの人は、威圧感が無い。

もちろん、そういう守備的なポイントもあると思いますが、基本となるポジションはベースライン1歩後ろ、くらいがベスト。

常に浅いボールに目を光らせて、相手を攻撃していく姿勢を見せておくことが大事です。

ネットを挟んで相手が遠い距離にいるって・・・テニスの試合では、相手を精神的に楽にさせているだけですよ。

 

4.ネットプレーを入れていく

ストロークがどんなに強力でも、そこに「ネットプレー」が無いと威圧感は感じない。

だって、走らされても上に逃げておけば良いし、時間を作れますからね。

ストロークを活かすために、ネットプレーだって使えるのです。

試合の序盤に1回、ネットに出るだけで、ストローク戦も優位に進めることが出来るはず。

威圧感のあるストロークは、いつだってネットプレーとセットで考えるのをオススメします!

 

威圧感を出すのに、ボールスピードやパワーを求めるのは危険。

学生の皆さんであれば、気持ちは分かりますけどね・・・。

相手の「印象を操作する」ことで、テニスは威圧感を与えることが出来る。

ちょっとした工夫、がすごく効果的に相手に効いてくれる、こともあるでしょう。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. ストロークの安定に欠かせない、「正しい打点」の要素をしっかり確認…
  2. カナダの新星シャポバロフ選手の、片手バックハンドはなぜ凄いのか?…
  3. 男子ダブルスにこそ「ストレートロブ・リターン」が必要な理由4つ
  4. テニスでのショットを全て「置きにいってしまう」人は、ココから意識…
  5. 自分のフォアハンドストロークをワンランクアップさせたい!人にオス…
  6. バックハンドのスライスストロークを覚えて、「遅いボール」で攻撃し…
  7. テニスでネットを挟んだ相手と「安定したストロークラリー」をするた…
  8. 試合の中で、「ドロップショットを打つとき」に意識したい基本4つ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP