ストローク

ストロークの安定に欠かせない、「正しい打点」の要素をしっかり確認しておこう!

ストロークの安定に欠かせない、「正しい打点」の要素をしっかり確認しておこう!

 

ボールを打つ打点の位置とは?

ストロークでボールをラケットに当てる。

この当てるポイントを、テニスでは「打点(だてん)」と呼ぶのですが、しっかり正しい位置で捕らえることが出来ないと、上手くボールは飛んでくれない。

飛んでくれないどころか、肘や手首を痛めてしまう原因にもなってしまいます。

基本的にストロークの打点は、「前足よりも前」「腰より少し高め」が打ちやすいとされています。

その理由について、少し詳しく考えていきましょう。

 

打点の高さはすごく大事

テニスのストローク、打点の高さはすごく大事です。

なぜなら、テニスは「ネットを超えて、相手コートに入れる」ことが求められるスポーツだから。

打点が低い位置だと、それだけネットに引っかかってしまう可能性が高くなり、無理に上に飛ばそうと思うと今度はアウトしてしまう。

腰より少し高い位置、にあると、自然にネットよりも高い位置でボールが打てるので気持ち的にも楽ですよね。

自分にとって打ちやすい高さ、で安定して打つにはどんどん自分から動いて打ちやすい場所、タイミングに入ることが大事です。

 

打点は前足よりも前が基本

高さの次は、前後差について。

ストロークの打点は、「前足よりも前」に置くと力が入りやすい。

逆に前足より後ろ、になると力が入りにくくボールに押されるような感覚になるはずです。

特に初心者の方は、準備が遅い、バウンドに合わせてラケットを引く方が多いので、差し込まれて打点が後ろ目になってしまうケースが多いようです。

前足よりも前の打点、ってかなり強く意識しないと確保できない。

準備を早く、ラケットの振り出しも速く、を意識してみましょう。

 

止まって打たないと「打点」が定まらない

もう一つ大事な要素として、ストロークの基本は「止まって打つ」ということ。

走りながら打っていては、どこが「打点」なのか定まらない。

もちろん試合ではランニングショットのような場面もありますが、あくまで例外。

ストロークの基本は、止まって打点を決めて打つ、ことを意識しておきましょう。

 

打点さえ見つかれば、ストロークは安定しやすい。

フォアハンドもバックハンドも、自分なりに力が入りやすく相手の力を利用しやすい場所、探してみて下さい。

きっと体格や片手打ち、両手打ち、球種によっても若干変わってきます。

打点探し、はストローク力向上に欠かせないステップです!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. 杉田選手の得意ショット、「ライジングショットで逆クロス」のフォア…
  2. 「高い打点でのストロークが難しい・・・」人が見直したい、4つのポ…
  3. 試合で使えるドロップショットを磨くのに必要な意識4つ
  4. テニスでのショットを全て「置きにいってしまう」人は、ココから意識…
  5. テニスの試合でリターンを安定させる為に必要な、4つの意識
  6. 硬式テニスでの、「片手バックハンドストロークと両手バックハンドス…
  7. 自分のストロークに「威圧感が足りない・・・」と感じている人に、試…
  8. カナダの新星シャポバロフ選手の、片手バックハンドはなぜ凄いのか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP