ストローク

ストロークを安定させる為に、「打ち終わったときの軸足」を意識してみよう!

安定感のあるストローク、打ちたいですよね。

試合でも練習でも、自分のミスが減ればもっと気持ち良くテニスが出来るのに・・・と思っている皆さん。

今回は、軸足の「打ち終わったときの感じ」をテーマに、考えてみたいと思います。

意外と、ストロークの軸足ってあやふやになってたりしませんか?

 

ストロークを安定させる為に、「打ち終わったときの軸足」を意識してみよう!

 

前足?後ろ足?軸足はどっち・・・?

テニスのストロークでは、ほとんどの場合どちらかの足が軸足になる。

攻撃的に前に踏み込んでいく、ときにはネットに近い足が体重が乗っている形が自然なはず。

逆に深いボールをオープンスタンスで処理したような場合には、体重は後ろ足に乗りますよね。

この「どっちの足に、体重を乗せて打っているんだろう?」という意識は、常に持っておくと上達が早い。

相手の深く厳しいストロークも、しっかり足を決めて打つことが出来ますからね。

 

止まって打てない人は、軸足が決まっていない

ストロークでしっかり足を決める、止まって打つことが出来ていない人は、この軸足が決まっていないケースがほとんど。

相手が打った瞬間に、フォアかバックか、前足体重か後ろ足体重か・・・は、パッと判断出来るようにしましょう。

最初は頭がこんがらがるかも知れませんが、慣れてくると大丈夫。

安定したストロークには、まず安定した下半身の土台作り、からですね。

 

そして、打ち終わったときには・・・・軸足ってどうなってる?

さて、この軸足ですが、打ち終わったときはどうなっているでしょうか?

攻撃的に前に踏み込んでいくとき、守備的に後ろ足体重になるときも・・・ベタっとコートに張り付いているより、キックするような動きが出来るとストロークにパワーが生まれやすい。

前足で踏み込んで、その足でコートを軽く蹴っていくような動き、が出来るとそのままネットプレーにもつなげやすいです。

深いボールを後ろ足体重で処理するときにも、かかとから上げてつま先でピン!と跳ねるような動きをしてみると、ボールに力が伝わりやすい。

上半身の力、だけでボールを飛ばそうとするとテニスというスポーツは、しんどい。

ぜひ、意識して実践してみて下さい。

 

しっかり止まって打つ、為には軸足の意識から。

ぜひ、ウォーミングアップのショートラリーから意識してみて下さい。

きっと、しっかり止まって打てる、力強く打ち終われる安定したストロークが身に付くと思います!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. 錦織選手も得意な「ライジングショット」って、何が普通のストローク…
  2. 男子ダブルスにこそ「ストレートロブ・リターン」が必要な理由4つ
  3. 杉田選手の得意ショット、「ライジングショットで逆クロス」のフォア…
  4. 試合の中で、「ドロップショットを打つとき」に意識したい基本4つ
  5. ストロークの安定に欠かせない、「正しい打点」の要素をしっかり確認…
  6. テニスでネットを挟んだ相手と「安定したストロークラリー」をするた…
  7. テニスの試合でリターンを安定させる為に必要な、4つの意識
  8. 自分のストロークに「威圧感が足りない・・・」と感じている人に、試…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP