ストローク

テニスでのショットを全て「置きにいってしまう」人は、ココから意識を変えてみよう

試合で緊張した場面になると・・・どうしても、ラケットを「止めて」しまいがちですよね。

「置きにいく」という表現が正しいかどうかは分かりませんが、そーっと、そーっとボールを運ぶ感じなってしまうと、試合ではミスも増えるし相手に攻撃される。

でも、緊張してしまって・・・という方は、この辺りのポイントから変えてみませんか?

 

テニスでのショットを全て「置きにいってしまう」人は、ココから意識を変えてみよう

 

ラケットを振り切ったミスは、ミスでは無い

ポイントを失うのは痛いですが、それ以上に痛いのはラケットを振れなくてミスしてしまったとき。

相手からすると、「完全にビビッてるな・・・」と思われるし、そのミスの後は自分もますます不安になってしまう。

そう考えると、ボールを置きにいってしまっているようなときこそ、あえてラケットをしっかり振る。

振り切ったミスは、ミスでは無いんだという意識を持っておきましょう。

置きにいって相手に決められるよりは、しっかり振って終わった方が次につながりますしね。

とにかく振り切ってみることで、調整がスタートすると思っておくと少しだけ楽になります。

 

準備だけ早くして、ゆっくりラケットを振り切る

ボールを置きにいくようなときは、ついジーっとボールを長く見てから構えがち。

きっとテイクバック、などの準備がだいぶ遅れているんだと思います。

ラケットが振れない、ときこそ基本であるテイクバック、スタンスの決めを早く意識してみましょう。

そして態勢充分、で待ちかまえてラケットはゆっくりめに振ってみる。

調子が戻ってきたら、スウィングスピードを上げていく。

ことできっと、置きにいくようなボールから脱却できると思います!

 

テニスの試合はゲーム、最後は楽しまないと

大事な試合でも、テニスは全てボールゲーム。

楽しんだもの勝ち、な要素も最後は大事になってきます。

ラケットを振れないで負ける、のであればしっかり振って負ける方がまだ自分も納得出来る。

何より楽しんでいる雰囲気がある選手は、相手からするとすごく嫌なんですよね・・・。

ビビッて置きにいってしまう人は、ちょっと試合を重く考え過ぎかも。

とてもまじめで良いことだと思いますが、肩の荷を下ろして考えてみるのも、良いと思います。

 

ラケットを振れなくなるのは、真剣にテニスに取り組んでいるからこそ。

置きにいってしまうのは、試合に勝ちたいからこそ。

そんな自分と向き合いながら、ちょっとだけ修正方法も考えておくと、試合の現場でアナタの助けになるでしょう。

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. ストロークを安定させる為に、「打ち終わったときの軸足」を意識して…
  2. カナダの新星シャポバロフ選手の、片手バックハンドはなぜ凄いのか?…
  3. 試合の中で、「ドロップショットを打つとき」に意識したい基本4つ
  4. テニスの試合でリターンを安定させる為に必要な、4つの意識
  5. 男子ダブルスにこそ「ストレートロブ・リターン」が必要な理由4つ
  6. ストロークの安定に欠かせない、「正しい打点」の要素をしっかり確認…
  7. 錦織選手も得意な「ライジングショット」って、何が普通のストローク…
  8. ストロークでラリーが続かない人は、「最初の球出し」がまず難しい・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP