ストローク

「高い打点でのストロークが難しい・・・」人が見直したい、4つのポイント

高い打点のストロークは、チャンス・・・?

確かに低い打点よりは攻撃しやすそうですが、肩より高い打点は力が入り辛いですし、コントロールも難しいですよね。

女性の方やベテランプレイヤーの方の中には、苦手にしている方も多いはず。

今回は、そんな皆さんに意識して欲しいポイントをまとめてみました!

 

「高い打点でのストロークが難しい・・・」人が見直したい、4つのポイント

 

1.ライジングショットを使っていく

高い打点、になる前にボールの上がり際を捕らえるライジングショット。

このショットを使えるようになると、試合の中で非常に有効です。

特にハードコートのような弾む場所では、しっかり自分からバウンド地点に近付いていかないと、高いバウンドを許してしまってズルズル後ろに下がってしまうことになって不利になる。

ボールを高い打点、にさせない為にもフォアハンド、バックハンド共に打点をコントロールしていく意識が大事です。

 

2.高いテイクバックを実践する

テイクバックが低いと、高い打点のストロークは難しい。

しっかり顔の横、くらいの位置でラケットを準備出来ていると、高い打点でのストロークにも抑えが効くので大丈夫。

つい、テイクバックってサボりがちですが、しっかり打点の高さに合わせて調整するのはストロークの基本。

低い打点なら、低い位置にテイクバック、ですね。

 

3.フォアハンドの逆クロスはボールの横を触る

フォアハンドの逆クロス、では高い打点からでもぜひ攻撃的に打っていって欲しい。

そのときに意識したいのは、ボールのどこをラケットで触るのか、ということ。

ラケットの先をしっかり立てて、ボールの内側、右利きの方であればボールの左側をしっかりラケットで触って打って意識、で実践してみて下さい。

トップスピン、というよりはサイドスピンに近いでしょう。

錦織選手のフォアハンドの逆クロス、も実は高い打点ではこの打ち方が多い。

バウンド後もしっかり横に滑っていく、攻撃的なショットになるはずです。

 

4.速い準備と、速い決断力を意識する

高い打点になってしまう、高く弾むボールで相手の押し込まれてしまう人は、より速い準備と決断力を意識しましょう。

相手が打った瞬間には、どうやってどの場所で、自分が打つのかを決めるくらいの意識が大事。

もっと言えば、バックハンドの高い打点が狙われていると気付いたら、ポジションを前にしてライジングショットを準備する。

これは、レベル差関係無く皆さんに意識して頂きたい問題です。

「どうしよう、どうしよう・・・あ・・・またバックに高い球だ・・・」という感じになってしまう人は、全てが遅いと認識するところからスタートです。

 

高い打点のストロークは、試合では脅威になる意識を持ちましょう。

でも事前の準備で、必ず対応出来るはずです。

基本を押さえて、あとは思い切ってポジション変更、ライジングショット、使っていきましょう!

NAOKI TOMITA

NAOKI TOMITA

投稿者の記事一覧

元テニスコーチ、元JTA審判委員会委員。
中学からテニスを始め、大学時代から審判員の活動をしつつ、関東学生テニス連盟での大会運営等多くのテニスイベントに携わり、卒業後はテニススクールコーチに。
現在は一般企業で働きつつ、自らもプレーしつつテニスの大会やイベントを企画運営中。

関連記事

  1. テニスでネットを挟んだ相手と「安定したストロークラリー」をするた…
  2. 「リターンの調子が悪い・・・」ときに、試合の現場で改善出来るアイ…
  3. バックハンドのスライスストロークを覚えて、「遅いボール」で攻撃し…
  4. カナダの新星シャポバロフ選手の、片手バックハンドはなぜ凄いのか?…
  5. 自分のストロークに「威圧感が足りない・・・」と感じている人に、試…
  6. テニス初心者の人でも個人練習出来る「ラケッティング」でボール感覚…
  7. 男子ダブルスにこそ「ストレートロブ・リターン」が必要な理由4つ
  8. テニスでのショットを全て「置きにいってしまう」人は、ココから意識…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事







COACHING

GOOD STUFF

ピックアップ記事

PAGE TOP